「結婚式でのネクタイの選び方」

20代後半に差し掛かってくると、結婚式に呼ばれる機会が増えます。
男性は、スーツにネクタイをビシッと決めて格好よく参加したいものですが、
どんな色がよいかご存じでしょうか。

選ぶ際は、特に色に気を付けなければなりません。
では、どんな色がダメで、どんな色が良いとされているのか、詳しく説明していきます。

一般的に黒はNGとされております。これは、やはり喪服を連想することから好まれない色となっており、
華やかな結婚式には相応しくありません。まずは、黒は絶対に避けるように注意しましょう。

では、好まれる色は何なのでしょうか。一昔前までは白が主流でした。
もちろん今もその風習は続いておりますので、困ったら無難に白を選ぶことをお薦めします。

白とは少し違う、白銀やグレーでも良いとされております。しかし最近では、若い人が白をあまり好まなくなってきました。

10代?30代の方は、白よりも、比較的カラフルなものを身に付けるのが、今の流行りとなっております。
例えば、パステルカラーのものや、ピンク、ライトブルーといった華やかな色合いのものが好まれております。

他にもシャンパンゴールドは少し派手ではありますが、もともとが華やかな舞台なので、問題ありません。
そして柄ですが、基本的には柄はない方がよいでしょう。ただ、ストライプや水玉、小紋柄などであれば、よりおしゃれで爽やかな印象になるでしょう。

ネクタイピンを付ける場合は、ネクタイに合わせたものを使用すると、より良いでしょう。
ちなみに結び方は特に決まりなどはありません。普段通りに、自分がやりやすい方法で結んでいただいてけっこうです。
もし二次会に参加するのであれば、二次会用に別の色を用意するなど工夫をするのもアリです。

写真を撮る機会は多くなりますので、後から実は違う色のものをしていたと分かるだけで、印象が良くなります。
結婚式では、まず黒は避けるようにしてください。若い人は、白よりも、少し冒険して爽やかな色のものを着けるとよいでしょう。

男性は女性に比べて、そこまで服装には気を遣わなくてよいのですが、しっかりと場に合わせたものを利用することが大切です。

Categories Tie

「結婚式のスーツで気を付けること」

結婚式に呼ばれた男性がまず用意しなければならいのはスーツです。
そして重要なのは、「色」と「清潔感」です。何回も参加している人であれば心配ないと思いますが、
始めて参加する方などはどういったものを着ていけばよいか不安になると思います。

ここでは具体的に、どういったものがよいのか説明していきたいと思います。色については、
基本的にダークな色を選ぶようにしましょう。ダークな色といえば、定番はブラックです。
困ったらブラックなものを着ておけばまず間違いありません。

基本的には略礼服を着ることが多くなると思いますが、避けたいのは仕事で利用しているような
ビジネススーツを着ることです。大切なのは、お祝いする気持ちです。いつもと同じものを着ていっては、
その気持ちが相手に伝わりません。持っていなければ、新調するなりして絶対に仕事で着ているものとは
別のものを用意するようにしましょう。では、ブラック以外にしたいという場合はどんな色がよいでしょうか。

ここでもやはりダーク系のものがよいです。例えばネイビーだったりグレーであれば問題ありません。
ここであまり派手な色を付けると、主役より目立ってしまうことになるので、おしゃれすぎず落ち着いた
印象を与える色が良いとされております。柄があるものも避けた方が無難です。では色について分かったところで、
次に他に気を付けなければならないポイントを紹介します。それは、ずばり清潔感です。

例えば、折り目はきっちりと付いているか目視で確認しましょう。付いていなければアイロンがけをするなど
事前に準備してください。ヨレヨレだったり汚れがついていると、女性から見てだらしなく見えます。
誰が見ても清潔感を感じられるように、気をつけましょう。これから結婚式に備えてスーツを用意しようと考えている方は、
必ず結婚式用のものを用意するようにしましょう。そして実際に選ぶ際は、ダークな色のものにしてください。

そして前日には、アイロンがけをしたりクリーニングに出すなどして、清潔感を演出できるように、しっかりと準備することが大切です。

「女性が結婚式にやってはいけない服装とは」

結婚式では、主役はもちろんのことですが、来賓するゲストの方々も目いっぱいおしゃれをして参加するので、みんなにとっての晴れ舞台です。

特に女性は何を着ていけばよいのか困った経験はないでしょうか。

そんな女性の方は、これだけはやってはいけない服装を押さえておかなければなりません。

逆にそれさえ分かっていれば、あとはどんな服装をするのかは自由なのです。

最初に服装の種類ですが、これは特に決まりはありません。

着物でもよいですし、もちろんワンピースやドレスも問題ありません。

まれにパンツスタイルで参加する人もいらっしゃいます。

しかし、ほとんど見かけることはなく、ワーキングスーツ以外のものを用意する必要があるため、避けた方が無難です。

次に色です。絶対にやってはいけないのが、「真っ黒」と「白いドレス」です。

黒はどうしてもお葬式を連想してしまうので、華やかな舞台には相応しくありません。

もし黒い服装をするのであれば、派手なアクセサリーや装飾品を一緒に付けるなど工夫が必要です。

白のドレスに関しては、もちろん花嫁が着るものなので、ゲストがきてはいけません。

これはある程度常識となっているのでご存じの方がほとんどだと思います。

細かな部分でやってはいけないことを紹介します。まずは、髪型です。

これは髪をおろしたままのいつも通りのヘアスタイルはNGです。

必ずアップスタイルにし、華やかさを演出しましょう。

小物も気を配る必要があります。

バッグは大きすぎるものは披露宴に相応しくないです。

パーティー用の小さめのものを持って行きましょう。

皮や毛皮素材の小物も、殺生をイメージしてしまうので、避けた方がよいです。

また肩を出したり、素足を出したりするのもよくありません。

肩はボレロを着けたり羽織物が必要です。

足もタイツやストッキングは必ず履くようにしましょう。

女性は、お洒落には普段から気を配っていると思いますが、特に結婚式では気を付けなければならないポイントがたくさんあります。

まずは、やってはいけない事を知っておき、その上で、できる限りのおしゃれをして参加するのが一番よいでしょう。

「結婚式の服装の基本を押さえよう」

結婚式では、ゲストとして参加する際に、服装に気を配る必要があります。
ここでは、基本的なこととはなりますが、男性・女性・親族と、それぞれどういったものが
良いのか紹介していきたいと思います。

まずは男性からです。できる限りスーツを着用するようにしましょう。色はダークなものが
よいとされております。基本的にはダークブラックです。
昔から、ダブルのブラックスーツが一般的とされております。

ただ、最近の若い人はブラックを格好良いとは思わない人が多くなり、
派手なスーツで参加する方もいらっしゃいます。その場合は、必ず新郎より目立たないようにし、
上品で清楚なものを選ぶようにしましょう。

ネクタイの色は、黒を避け、極力明るい色にしてください。シャツは白で無地のものがよいです。
どれもしっかりとアイロンをかけるなど、ビシッとしたものを来てください。
ヨレヨレのものを着たらそれだけでイメージダウンです。

次に女性です。女性で意識したいのは、華やかだが花嫁より目立たない程度のものとなります。
絶対にNGなのは、白のドレスと真っ黒な服です。それさえ気を付けておけば、ほとんど問題ありません。
肩や素足を出したり、髪をさげたままにするのはよくないので、注意してください。
靴も、足の指が見えるようなものは好ましくありません。5cm以上のバンプスが無難です。

最後に親族の方の服装です。意識しなければならないのは、普段友人の結婚式や披露宴に参加する時よりも、
フォーマル度の高いものを着用することです。親族はゲストの中では重要な位置づけとなりますので、失礼のないようにしましょう。

例えば、父親であれば、正礼装のモーニングや、準礼装のタキシードが一般的です。
母親は、正礼装として、黒留袖が定番となっております。他にも、昼まであればイブニングドレス、
夕方から夜であれば、アフタヌーンドレスを着る方もいらっしゃいます。

今回紹介したのは、多くの人が把握しているであろう基本的なことばかりです。
まずはそこを押さえておいて、その上で自分なりにどういった服装がよいのか、好みに合わせて用意するのが理想的です。