目立ちすぎず目立つ服装とは

花嫁よりは目立たないようにしながら、それでも他のゲストよりは目立ちたいと思っている女性は多くいいるはずです。それもそのはず、結婚式は普段ではなかなか着ることのない素敵なドレスを着るチャンスですし、独身女性にとっては出会いの場にもなるのです。きれいな色であっても白っぽく見える色は、花嫁カラーとされているので避けましょう。

ドレスが白やベージュでもアクセントに他の色が入っているものは大丈夫な場合があります。例えば腰回りに黒のリボンがあったり、ボレロや羽織りものを他の色にすれば問題ありません。そして色だけではなく気を付けなければいけないのが露出。最近はスタイルのいい女性も増えてきて、足もきれいなので見せることにあまり恥ずかしさを覚えないかもしれません。

しかしワンピースの中にはふとももの半分くらいまでの短い丈のものなどもあり、結婚式の雰囲気を壊すだけではなく、注目を花嫁より浴びる可能性があります。どんな服装がいいか、店員さんに相談するかもしれませんが、店員さんの中には服を買ってもらうことが一番で、TPOにふさわしいかどうかあまり気にせずに薦めてこられる場合もあります。

ですから、あまり周りの意見に振り回されず足だけではなく、胸元や肩の露出も避けていきましょう。そして冬の結婚式の場合もしかしたら、ファー素材のワンピースを選びたくなるかもしれませんが、それもよくありません。毛皮や革の素材はめでたい席にはよくないといわれ、その理由は「殺生」をイメージさせるからです。

食事が出される場でもありますので、ファーの毛が飛んだりほこりが出たりなどして衛生的な観点からも、おすすめできません。そして見落としがちの点ですが、花嫁のお色直しとかぶるドレスも避ける対象になります。できれば式の前にお色直しでどの色のカラードレスを着るか聞いておけば、事前に着るワンピースの色を決めることができます。これは絶対的なルールではありませんが、頭に入れておくといいでしょう。

男性の結婚式スタイル

ちゃんとした場所である結婚式には、普段とは違った服装で行く必要があります。女性はドレスやワンピースなどでファッションを楽しみますが、男性はスーツを着てればいいじゃないかとあまり気を付けないかもしれません。しかし男性のゲストファッションにも注意すべきことがいくつかあるのです。

参列者として出席する場合、黒のフォーマルスーツ、黒無地のスーツが一般的とされています。しかし立場によって正礼服を着用します。特に父親の立場であるなら、モーニングコート、タキシード、ディレクターズスーツがあげられます。そしてスピーチをするように頼まれている場合には準礼服とされる黒のフォーマルスーツがすすめられます。

結婚式で多くの人の前で話すということで注目も浴びますし、きちんとした印象を与えるにはぴったりの服装と言えるでしょう。そして最近はオシャレシャツなども人気ですが、基本的に式の参列は白い無地のワイシャツが好ましいです。

どうしても白は嫌だなと思うのであれば、事前に新郎新婦に確認して、パステルカラーなどの薄い色であれば周りの雰囲気を乱さずに済みます。二次会などになるとカラーシャツも許容されますが、激しい色のシャツの着用はやはりさけたほうが無難ですね。そしてネクタイですが、これも無地のものがいいでしょう。

親族の方などは白いネクタイの着用がすすめられていますが、シルバーやライトグレー、パステルカラーなど落ち着いた色合いのものを選びます。そして最近男性陣の中で流行ってるのが蝶ネクタイです。落ち着いた色を選びつつも個性を出すことができますね。

しかし、蝶ネクタイは基本的に夜のアイテムとされていますので、結婚式が午前中から始まるのであれば、使わないようにしましょう。男性の服装も清潔感あふれるもの、そして新郎よりも派手にならないことを意識することが一番です。ファッションとともに長髪だったり、ひげを生やしている方は不潔な印象を与えないことに気を配りましょう。

結婚式では、男性はどんな服装をしたらいいの?

結婚式に招待されたけれど、どんな服装で行けばいいか判らない。仕事用のスーツで大丈夫?そんな貴方に、失敗しない服装マナーをお教えします・ブラックスーツがベスト新郎新婦のご両親や主賓の方でしたらモーニングや燕尾服の正装が正式な服装になりますが、親族や友人同僚での参列でしたら正装をする方は少なく、略礼装のブラックスーツが一般的です。

一定以上の年齢の方はダブルのブラックスーツに白いネクタイがベストの服装。しかし、若い方だとダブルのブラックスーツは「お葬式のよう」「お年寄りみたいでダサい」と敬遠する方も。会場の格や新郎新婦との間柄にもよりますが、ブラックスーツではなく、濃いグレーや紺であまり柄の目立たないダークスーツでも可という場合もあるようです。

合わせるネクタイは、光沢のある白やシルバー、もしくはシャンパンゴールドといった華やかなものを選びます。その他、無地のブルーやピンクなどのパステルカラーを選ぶ方も増えている様子。派手な柄の入ったものは、オシャレではありますが結婚式のマナー的には眉を顰める方もいらっしゃいますので、二次会用にしておくと良いでしょう。

二次会でしたら、ハート柄やお祝い熨斗柄といったポップなアイテムで場を盛り上げるのも楽しいですね。同色のポケットチーフがあると、男性の服装もぐっと華やかになりますのでおすすめです。注意しておきたいマナーとしては、黒っぽいネクタイはNGという事があげられます。

柄が入っている場合でも黒が多いと喪服を連想させるという事で嫌がられますので、濃い色は避けた方が良いでしょう。また、小物などで柄物を選ぶ際にはクロコ柄やヒョウ柄、ゼブラ柄など生き物を連想させるものは「殺生を連想させる」という事でNGになりますので気を付けてください。男性が使用する事はあまりないでしょうが、ファー、フェイクファーも同じ理由で避けた方がよい素材になります。

オシャレな格好でお祝いしたいという方も、結婚式ではまずマナーを守る事が大切。新郎新婦の御親族にマナーに敏感なご年配の方がいらっしゃる場合もありますので、何も心配なく胸を張って新郎新婦をお祝いできる服装が一番です。

Categories Tie

ビジネス用はNG?結婚式の服装TIPS

結婚式に招待されたとき、あなたならどんな服装で行きますか?全く想像がつかないという方、せっかくだからオシャレするという方。まずはマナーを知って、失礼のない服装で出席しましょう。ブラックスーツがベターですとはいえ、略礼装のブラックスーツと黒のビジネススーツ、どこが違うの?という疑問を持たれている方もいるのでは?

略礼装は生地が光沢や織り柄のない黒でできており、デザインは長く着られるようあまり流行や個性のないゆったりめのシルエットである場合が多くなります。ビジネス用の黒は微光沢があり、織り柄の入っているものも多く、シルエットも最近は体にフィットしたようなデザインが流行りですので、「同じ黒」と思っていても、並んで見ると差は一目瞭然です。

ですので、会社の上司など目上の方のお式であったり、新郎新婦の親族として列席する場合には、きちんと略礼装を着るのがベターでしょう。友人や同僚のお式では、ビジネス用や日常用の黒や濃紺や濃いグレーなどでも可になる場合があります。式場の格やご親族の雰囲気にも寄りますので、事前に新郎新婦に確認をしておくと安心でしょう。

ネクタイやチーフで華やかさを合わせるネクタイは、光沢のある白が正式です。もう少しオシャレにという方は、シルバーやシャンパンゴールドのネクタイもおすすめ。カジュアルなお式の場合には、無地か織り柄のパステルカラーのピンクやブルーのネクタイで華やかに装う方も。

派手な柄物はカジュアルになりすぎるので避けましょう。チーフを胸ポケットに飾る事でぐっと盛装感が出ますのでおすすめのアイテムです。できればネクタイと同色のものがオシャレですね。ネクタイの代わりにアスコットタイにすると、よりエレガントに装う事ができます。

アスコットタイでしたら少し派手目の色もOKです。細身のネクタイにシルバーのリングを通して結ぶリングタイや胸元につけるラペルピンといった小物のオシャレも素敵ですね。シルバーリングやラペルピンは手頃な値段でも手に入りますので、二次会で印象を変えたい場合におすすめです。

ワンピースで大丈夫?結婚式のお呼ばれ服

結婚式に招待されたけれど、着ていくドレスがない!お祝いの気持ちはあるけれど、数回しか着ないものに高額出すのは……。なんとか、手持ちの服で出席したいあなたに。賢い着まわし術お教えします。無地の光沢ワンピースは着回し力抜群!お呼ばれ用に1着は持っておきたい、サテンなど光沢のある素材の無地ワンピース。

色は、白やベージュ、薄い黄色などは避けましょう。つい無難な黒を選びたくなりますが、女性ゲストが黒い服ではお式が暗い雰囲気に。色のついた服を選び華やかさをだす事もお祝いです。あまりカラフルなものは……という方は、ネイビーもしくはシルバーといったお色が着まわしやすいですよ。

シフォンやレース、ビジューなどがついているものだとより華やかになりおすすめです。綿素材や柄物は、カジュアルになりすぎるのでNGです。バイカラーなど上下の色が違ったり、質感が違いツーピースに見える服は、オシャレではありますが、「別れる」を連想させ嫌がられる場合があります。

スカート丈は、膝が半分隠れる程度がベター。冠婚葬祭で膝が丸見えになるスカートでOKなのは10代まで。大人女子は膝を隠す丈が上品です。もしも手持ちの服では膝が見えてしまうという場合には、裾がレース素材のペチスカートなどを下に履く事で丈を調整する事ができます。

ペチスカートでしたら手頃な値段で買えますし、普段使いもできますよね。何度か続けて結婚式に出席するという場合には、写真に残る上半身に変化を付けましょう。ボレロやストール、シフォンやレース素材のティペットなどで印象が変わり、同じ服には見えにくくなります。ただし、ファー素材はフェイクファーも含め「殺生を連想させる」としてNGのが素材になりますので、冬のお式であってもファーの着用は避けましょう。

髪型とアクセサリーできちんと感を着回し服はどうしても少しカジュアルになってしまいますので、髪型とアクセサリーできちんと感を出す事をおすすめします。髪はまとめて、ヘアアクセサリーを。肌色のストッキングに、オープントウではないパンプスを合わせます。パンプスは普段使いのものにクリップ式の飾りをつければ、低コストでぐっと華やかになりますよ。アクセサリーはパールがベター。コサージュなどで華やかさをプラスするとさらに良いでしょう。一番大切なのは、新郎新婦をお祝いする気持ち。着回し服でもマナーはしっかり守って、素敵なお祝いに!

結婚式では、失礼のない服装でお祝いの気持ちを表しましょう!

結婚式の服装マナー、なんだか細かい決まり事がたくさんあって全部守るのは面倒くさい……という方も多いのでは?フォーマルウェアの売り場でも、「最近では、あまりマナーを厳しく気にされない方も多いですよ」という声も聞かれます。

しかし、結婚式に参列するのは最近の方ばかりではなく、当然ご年配の親族もいらっしゃいます。眉をひそめられるのはあなたではなく、あなたを招待した新郎新婦という場合も。「これで大丈夫かな?」と不安におもいながらでは、気になってお祝いに集中できないのでは?失礼のない服装で、心から新郎新婦をお祝いしましょう!

OKアイテム、NGアイテムドレスは、光沢のある無地のワンピースタイプを選びましょう。花嫁さんの色である白はもちろんですが、実は無難におもわれがちな黒も避けるのがベター。女性列席者が黒い服装では会場が暗い雰囲気になってしまい、あとから集合写真を見たらまるでお葬式みたいという場合があるため、華やかさのあるドレスがおすすめです。

ツーピースやバイカラーなど上下がわかれる服は、わかれるから「離別、離婚」を連想するという事で避けた方が良いアイテムです。フォーマルでは大人の女性のスカートはひざ丈が最も上品とされ、ミニスカートやマキシスカートはNGになります。袖なしのドレスの場合にはボレロやストールなどで肩を隠しましょう。

特にチャペルでの挙式の場合には、露出が多いと教会に入れないという事もありますので注意が必要です。ストッキングは肌色のもの。多少の飾りはOKですが総柄や網タイツ、カラータイツ、黒ストッキングはNGです。足元はブーツやミュールはNG。オープントウではないパンプスを履きましょう。

冬場の挙式で失敗しやすいのが、ファーの小物。可愛らしく冬向きのオシャレな素材ですが、ファーやクロコ、動物柄は、殺生を連想させるという事でお祝いにはふさわしくないとされています。フェイクファーであっても避ける方が無難です。如何でしょうか?少し項目が多いですが、これだけ守っていれば安心して参列できます。マナーを守って、素敵なお祝いになるといいですね!

結婚式にどんなネクタイを選んでいくか?

結婚式に行くなら、男性はスーツを着るのが基本。そして、ネクタイを選ぶのは応用編と呼ぶべきかもしれません。ネクタイと言ってもピンキリで、安いものから高いもの、無地のものからかなり凝ったデザインのものまでいろいろです。よほど極端なものでもない限りで、結婚式でNGになるようなネクタイは存在しません。

だからこそ、逆に言えば本人のセンスが問われるところでもありますから、きちんとした選択をして、ビシッと決めて行きたいところです。ネクタイの色は白が無難。あまり派手になりすぎないように注意基本的に、結婚式の服装は「黒スーツに白ネクタイ」が無難だと言われています。

伝統的に、それが作法として最もふさわしいとされているためであり、スタンダードな選択として候補に入れておく必要があります。とはいえ、だからと言って他のネクタイを使うのがダメなのかと言えばそういうことにはなりません。パステルカラーやライトブルーなど、配色に気を配るのも選択としてはオーケーです。

特に若い年代の方の場合は、こういう色を選んだ方が似合うことも多いでしょう。ただし、結婚式にはさまざまな年代の方が出席しますから、あまり派手な色を選んでしまうと年配の方のひんしゅくを買うかもしれませんから、ほどほどにする必要はあります。

また、一般常識ではありますが、黒は喪服をイメージさせてしまいますから、それも避けるようにしましょう。定番物であれば柄もオーケー次に、ネクタイの柄です。無地ではなくて柄を選ぶのに抵抗がある人もいるかもしれませんが、基本的に、ネクタイのスタンダードとして定着しているものは選んでも問題はありません。

ストライプ、チェック、ドットなど、よくあるネクタイの柄であればむしろ印象は良くなるでしょう。ただ、ネクタイとしてはあまり見ない柄、例えばアニマル柄とか、プリントがされていたりとか、であると、それは遊びが過ぎるという印象を与えかねないので、避けるのが賢明です。また、ネクタイピンやカフスボタンを付けていくのも、ワンポイントのアクセントとしては悪くないでしょう。

Categories Tie

結婚式ではどんなスーツを着ればいい?スーツ選びの基準いろいろ

結婚式で男性を悩ませるのがスーツの着こなし。どんなタイプのスーツを着ていけばいいのかとか、シャツやネクタイの柄、靴のチョイスなど、細かい部分で選択が必要になります。女性ほどコーディネートに対する意識が高いわけではないにせよ、「知人の結婚式くらいビシッと決めて参列したい」という気持ちは性別を問いません。まさか仕事に行く時と同じ格好をするわけにもいかないし、という変なプライドじみたものが湧いてくる部分もあるでしょう。

シングルにダブルにブラックにダーク・・・一口にスーツと言ってもいろいろあり、どれが一番結婚式に適切なのかと言われれば難しいところがあります。基本的に、結婚式の場合であれば、どのタイプのスーツを着て行っても問題にはなりません。少なくとも、社交辞令的な意味でのマナー違反となるようなスーツは存在しません。

そうなるものはスーツとは呼ばない、といういい方もできるでしょう。シングルは20代が着るものとか、ダブルは40代から着るものと言った基準もありますが、これはどちらかと言えばモラルとか価値観的なものでそう決まっているだけで、形式的な基準においては、「スーツはこれを着なくてはならない」というものは存在しないのです。

どちらかと言えば、きちんとクリーニングをするとか、いつもよりも高価なスーツを着るとか、そういう面に気を配ると良いかもしれません。タバコのにおいがしたり、どことなくくたびれているようなスーツを着て行っては、フォーマル独特の「ビシッ」とした感じが無くなってしまいます。

ネクタイのチョイスは地味に大切また、結構違いが出るのがネクタイのチョイスです。胸元は目立ちますし、個人のセンスでかなりの幅が出ますから、ここはこだわりたいところです。まず、素材的にはシルクを使っているもの。要するに安価なものは避けるべきということです。

ポリエステルを使っているものでも一見すれば違いはありませんが、わかる人には違いが判ってしまいますし、ある種の高級感はなくなります。柄にしても、派手なものはユニークなものはさけで、シンプルなストライプや千鳥柄のものを選ぶと良いでしょう。

ワンピースとパンツスタイル。好まれるのはどちら?

結婚式に出席する女性の場合、服装のスタイルとして大きく分けて二つの選択肢があるかと思います。すなわち、ドレスのようなワンピーススタイルと、フォーマル服のようなパンツスタイルです。どちらを選ぶのか、というのはTPOというよりも個人の自由によるところが大きいので、どちらが良いか、というよりも「選んだ時にはここに注意したい」というのが大切になります。ここでは、二つのスタイル、それぞれの注意点をいくつか挙げてみたいと思います。

ワンピースの場合:過度な露出、白や黒の色使いに注意が必要ワンピースの場合、まず注意したいのは露出度です。脚部や肩など、ある程度の肌を見せる作りになっている衣装ではありますが、あまり過度な露出をしてしまうと、品がない印象を与えてしまいますし、新婦から見れば「目立ち過ぎ」という話しになってしまうかもしれません。あまり胸を強調しすぎるのも問題があります。

丈は膝下くらい。肩は露出しないもの、するタイプを着るのならストールで隠すなどして、露出を適度に抑えるようにしましょう。また、色に関しては白や黒などは極力選ばないようにした方が賢明です。白は新婦とかぶり、黒は喪服を連想させてしまうためです。赤やオレンジなどの派手な色も、問題はありませんがあまり強すぎる色も気を付ける必要があります。

パンツルックの場合:ワンポイントの色使いでフォーマル感を軽減日頃の仕事などで着慣れているという人も多いパンツルック。ですが、さすがに仕事中と同じような格好をすれば、結婚式では浮いてしまうでしょう。アクセサリーやシャツのデザインなどを工夫して、いつもよりちょっとだけ華やかな格好をするように心がけましょう。黒一色になってしまうと男性と違いがつかなくなってしまいます。

仕事中であれば問題はないかもしれませんが、結婚式ではやはり物足りなさが残ります。柄のある靴を履いてみるのもアクセントとしては重要です。また、露出とは相性の悪い服装ですから、胸元を開けすぎたりするのは禁物です。セクシーで華やかな印象にまとめるというよりも、ビシッとクールにまとめて、ワンポイントのアクセントで女性らしさアピール、というのが賢いコーディネートだと言えます。

靴選びにも注意!結婚式での男性の服装

結婚式に招待された時、服装に困るのは何も女性だけではありません。もちろん、女性に比べればドレスの選び方や髪形などに苦労することはありませんが、それでも一定のマナーというものがありますから手を抜いていいということにはなりません。

ここでは、結婚式での男性の服装について概説します。スーツには派手すぎず地味すぎないものを結婚式に呼ばれた場合、男性であれば大抵の人はスーツを着ていくでしょう。一般的な黒スーツを着ていけば問題はありませんが、濃紺のスーツやダークグレーのスーツでも問題はありません。

また、フロントのダブル・シングルも個人の自由。一般的には、ダブルは年配の人の方が似合いますが、決して制約があるわけではありません。ネクタイの配色にも注意が必要です。ノーネクタイでも問題はないかもしれませんが、式場ですからビシッと決めるに越したことはありません。

柄もできるだけ派手なもの、黒は避けた方が良いでしょう。これは中に着るシャツやベストに関しても同様です。また、二次会などのパーティーでは、スーツでなくともジャケットスタイルであればオーケーです。さすがに普通の私服を着ていくのはNGですから、ハメの外し過ぎに気を付けるようにしましょう。

ビジネスシューズもきちんとした革靴を履いている靴にも気を付けなくてはなりません。一口にビジネスシューズ、革靴と言ってもいろいろあります。具体的には、飾りが何もないプレーントゥ、つま先の切り替え部分に一本選の入っているストレートチップ、そして、羽のような飾りがついたウィングチップなどになります。

前二つのタイプであれば、スーツとも相性が良く、職場に行くのと同じ感じになりますから結婚式に出向いても違和感はありませんが、ウィングチップになると「フォーマル」というよりも「フォーマルチック」な服装になってきますから、可能なら回避した方が無難かもしれません。

ただし、あまり方にはまった格好をして、職場にいるのと同じ感じの服装にしてしまうと、却って堅い印象を与えてしまうかもしれません。極端な話、雰囲気を固くしてしまうかもしれませんから、適度な「崩し」を加えるのも上級者のテクニックとして必要でしょう。