ネクタイでオシャレをする

男性がスーツでオシャレをする場合、もちろんスーツの色や柄などでも遊び心を取り入れることができますが、それ以外にもネクタイで個性を出すことができます。基本的には好きな色でもいいのですが、結婚式が昼なのか夜なのかによっても選ぶものは違ってくるでしょう。また柄物を付けたいと思うなら、ストライプやチェック、ドットなど定番のものが無難といえます。

基本的に新郎のワイシャツは白なので、どんな色でも差し色として合うでしょう。特に最近の結婚式でよく見られるのが、新郎が蝶タイを選んでオシャレを楽しんでいるということです。例えば黒いタキシードでシンプルに決めたら、白い蝶タイで主役感を出すことができます。

そしてもうちょっと派手目にしたいというなら、タキシードの下にカラーのベストを来て、同じ色の蝶タイをつけるとさらにオシャレ感がUPします。もしも花嫁がお色直しでカラードレスを着るのであれば、男性は同じ色の蝶タイで登場すると、ラブラブな雰囲気を醸し出せるかもしれません。そして最近密かに流行っているのが、花嫁のドレスと同じ生地で作る手作りタイです。

アスコットタイと言って一見風変わりな幅広のネクタイなのですが、意外にも手作りしやすいデザインのため、花嫁が新郎のために作ってあげ、本番に二人で登場すれば注目を浴びること間違い無しです。

このアスコットタイは材料費はそんなに掛かるものではありませんし、型紙もネットでダウンロードできますので、愛情を込めて一針一針縫うことで、二人の特別な日に対する思いも強くなっていくでしょう。女性のウェディングドレスが白やパールなど落ち着いた色でもあるので、男性はタイの色で少し目立ってもいいかもしれません。

色だけではなく、結び方もたくさんあり、どの結び方が着ているタキシードと合うか、また首の長さや体型によっても合う合わないがあるので、本番に向けてネクタイの結び方の練習をしてもいいでしょう。

Categories Tie

男性はシンプルが一番

結婚式は女性がメインと思われることがほとんどですが、男性だってオシャレもしたいですし、それなりに目立ちたいですよね。新郎新婦にとっても大事な行事ですし、家族にとっても記念に残る日なので、納得できる服装を選びたいものです。新郎が着るスーツの中にはタキシード、モーニング、フロックコート、セレモニースーツなどが有ります。

普段ではほとんど着ることがないので、自分の気に入った物を選ぶことが大事なのですが、単に気に入ったというだけではなく、自分の体型にあったものを選ぶ必要があります。特に結婚式において一番の人気のタキシードはきるひとを選ばない定番の衣装だといえます。体型にかかわらず着こなししやすいということと、様々なバリエーションがあるためファーマルからカジュアルまで対応できます。しかし、タキシードは着慣れないということもあり、どのように選べばいいのかわからない方が多いのではないでしょうか。

しかし、タキシードを選ぶ基準は2つしかありません。一つはシンプル・イズ・ベスト。シンプルであるほうがオシャレ感が出るのです。アクセント色がはいったタキシードなどもありますが、海外ではすでに廃れていて逆にダサくなってしまいます。そして大事なのは品質。品質の良さは見た目でわかり、上品な光沢感が有ります。

そのようなタキシードは大変エレガントで女性を引き立たせることができるのです。費用の点を考慮するとレンタルのほうがお得だと考えがちですがレンタルでも平均的に15万強かかるようです。しかしよく探してみると、オーダーメイドでレンタルよりも安い値段で自分専用のサイズで作ってもらうことができるのです。

どんなスーツを選ぶにしても、まずは色々調べてレンタルがいいのかオーダーメイドがいいのか決めましょう。また購入前には絶対に試着することで、結婚式本番でサイズ違いや体にしっくりこないなどといったトラブルを避けることができるでしょう。

目立ちすぎず目立つ服装とは

花嫁よりは目立たないようにしながら、それでも他のゲストよりは目立ちたいと思っている女性は多くいいるはずです。それもそのはず、結婚式は普段ではなかなか着ることのない素敵なドレスを着るチャンスですし、独身女性にとっては出会いの場にもなるのです。きれいな色であっても白っぽく見える色は、花嫁カラーとされているので避けましょう。

ドレスが白やベージュでもアクセントに他の色が入っているものは大丈夫な場合があります。例えば腰回りに黒のリボンがあったり、ボレロや羽織りものを他の色にすれば問題ありません。そして色だけではなく気を付けなければいけないのが露出。最近はスタイルのいい女性も増えてきて、足もきれいなので見せることにあまり恥ずかしさを覚えないかもしれません。

しかしワンピースの中にはふとももの半分くらいまでの短い丈のものなどもあり、結婚式の雰囲気を壊すだけではなく、注目を花嫁より浴びる可能性があります。どんな服装がいいか、店員さんに相談するかもしれませんが、店員さんの中には服を買ってもらうことが一番で、TPOにふさわしいかどうかあまり気にせずに薦めてこられる場合もあります。

ですから、あまり周りの意見に振り回されず足だけではなく、胸元や肩の露出も避けていきましょう。そして冬の結婚式の場合もしかしたら、ファー素材のワンピースを選びたくなるかもしれませんが、それもよくありません。毛皮や革の素材はめでたい席にはよくないといわれ、その理由は「殺生」をイメージさせるからです。

食事が出される場でもありますので、ファーの毛が飛んだりほこりが出たりなどして衛生的な観点からも、おすすめできません。そして見落としがちの点ですが、花嫁のお色直しとかぶるドレスも避ける対象になります。できれば式の前にお色直しでどの色のカラードレスを着るか聞いておけば、事前に着るワンピースの色を決めることができます。これは絶対的なルールではありませんが、頭に入れておくといいでしょう。

男性の結婚式スタイル

ちゃんとした場所である結婚式には、普段とは違った服装で行く必要があります。女性はドレスやワンピースなどでファッションを楽しみますが、男性はスーツを着てればいいじゃないかとあまり気を付けないかもしれません。しかし男性のゲストファッションにも注意すべきことがいくつかあるのです。

参列者として出席する場合、黒のフォーマルスーツ、黒無地のスーツが一般的とされています。しかし立場によって正礼服を着用します。特に父親の立場であるなら、モーニングコート、タキシード、ディレクターズスーツがあげられます。そしてスピーチをするように頼まれている場合には準礼服とされる黒のフォーマルスーツがすすめられます。

結婚式で多くの人の前で話すということで注目も浴びますし、きちんとした印象を与えるにはぴったりの服装と言えるでしょう。そして最近はオシャレシャツなども人気ですが、基本的に式の参列は白い無地のワイシャツが好ましいです。

どうしても白は嫌だなと思うのであれば、事前に新郎新婦に確認して、パステルカラーなどの薄い色であれば周りの雰囲気を乱さずに済みます。二次会などになるとカラーシャツも許容されますが、激しい色のシャツの着用はやはりさけたほうが無難ですね。そしてネクタイですが、これも無地のものがいいでしょう。

親族の方などは白いネクタイの着用がすすめられていますが、シルバーやライトグレー、パステルカラーなど落ち着いた色合いのものを選びます。そして最近男性陣の中で流行ってるのが蝶ネクタイです。落ち着いた色を選びつつも個性を出すことができますね。

しかし、蝶ネクタイは基本的に夜のアイテムとされていますので、結婚式が午前中から始まるのであれば、使わないようにしましょう。男性の服装も清潔感あふれるもの、そして新郎よりも派手にならないことを意識することが一番です。ファッションとともに長髪だったり、ひげを生やしている方は不潔な印象を与えないことに気を配りましょう。