結婚式にどんなネクタイを選んでいくか?

結婚式に行くなら、男性はスーツを着るのが基本。そして、ネクタイを選ぶのは応用編と呼ぶべきかもしれません。ネクタイと言ってもピンキリで、安いものから高いもの、無地のものからかなり凝ったデザインのものまでいろいろです。よほど極端なものでもない限りで、結婚式でNGになるようなネクタイは存在しません。

だからこそ、逆に言えば本人のセンスが問われるところでもありますから、きちんとした選択をして、ビシッと決めて行きたいところです。ネクタイの色は白が無難。あまり派手になりすぎないように注意基本的に、結婚式の服装は「黒スーツに白ネクタイ」が無難だと言われています。

伝統的に、それが作法として最もふさわしいとされているためであり、スタンダードな選択として候補に入れておく必要があります。とはいえ、だからと言って他のネクタイを使うのがダメなのかと言えばそういうことにはなりません。パステルカラーやライトブルーなど、配色に気を配るのも選択としてはオーケーです。

特に若い年代の方の場合は、こういう色を選んだ方が似合うことも多いでしょう。ただし、結婚式にはさまざまな年代の方が出席しますから、あまり派手な色を選んでしまうと年配の方のひんしゅくを買うかもしれませんから、ほどほどにする必要はあります。

また、一般常識ではありますが、黒は喪服をイメージさせてしまいますから、それも避けるようにしましょう。定番物であれば柄もオーケー次に、ネクタイの柄です。無地ではなくて柄を選ぶのに抵抗がある人もいるかもしれませんが、基本的に、ネクタイのスタンダードとして定着しているものは選んでも問題はありません。

ストライプ、チェック、ドットなど、よくあるネクタイの柄であればむしろ印象は良くなるでしょう。ただ、ネクタイとしてはあまり見ない柄、例えばアニマル柄とか、プリントがされていたりとか、であると、それは遊びが過ぎるという印象を与えかねないので、避けるのが賢明です。また、ネクタイピンやカフスボタンを付けていくのも、ワンポイントのアクセントとしては悪くないでしょう。

Categories Tie

結婚式ではどんなスーツを着ればいい?スーツ選びの基準いろいろ

結婚式で男性を悩ませるのがスーツの着こなし。どんなタイプのスーツを着ていけばいいのかとか、シャツやネクタイの柄、靴のチョイスなど、細かい部分で選択が必要になります。女性ほどコーディネートに対する意識が高いわけではないにせよ、「知人の結婚式くらいビシッと決めて参列したい」という気持ちは性別を問いません。まさか仕事に行く時と同じ格好をするわけにもいかないし、という変なプライドじみたものが湧いてくる部分もあるでしょう。

シングルにダブルにブラックにダーク・・・一口にスーツと言ってもいろいろあり、どれが一番結婚式に適切なのかと言われれば難しいところがあります。基本的に、結婚式の場合であれば、どのタイプのスーツを着て行っても問題にはなりません。少なくとも、社交辞令的な意味でのマナー違反となるようなスーツは存在しません。

そうなるものはスーツとは呼ばない、といういい方もできるでしょう。シングルは20代が着るものとか、ダブルは40代から着るものと言った基準もありますが、これはどちらかと言えばモラルとか価値観的なものでそう決まっているだけで、形式的な基準においては、「スーツはこれを着なくてはならない」というものは存在しないのです。

どちらかと言えば、きちんとクリーニングをするとか、いつもよりも高価なスーツを着るとか、そういう面に気を配ると良いかもしれません。タバコのにおいがしたり、どことなくくたびれているようなスーツを着て行っては、フォーマル独特の「ビシッ」とした感じが無くなってしまいます。

ネクタイのチョイスは地味に大切また、結構違いが出るのがネクタイのチョイスです。胸元は目立ちますし、個人のセンスでかなりの幅が出ますから、ここはこだわりたいところです。まず、素材的にはシルクを使っているもの。要するに安価なものは避けるべきということです。

ポリエステルを使っているものでも一見すれば違いはありませんが、わかる人には違いが判ってしまいますし、ある種の高級感はなくなります。柄にしても、派手なものはユニークなものはさけで、シンプルなストライプや千鳥柄のものを選ぶと良いでしょう。

ワンピースとパンツスタイル。好まれるのはどちら?

結婚式に出席する女性の場合、服装のスタイルとして大きく分けて二つの選択肢があるかと思います。すなわち、ドレスのようなワンピーススタイルと、フォーマル服のようなパンツスタイルです。どちらを選ぶのか、というのはTPOというよりも個人の自由によるところが大きいので、どちらが良いか、というよりも「選んだ時にはここに注意したい」というのが大切になります。ここでは、二つのスタイル、それぞれの注意点をいくつか挙げてみたいと思います。

ワンピースの場合:過度な露出、白や黒の色使いに注意が必要ワンピースの場合、まず注意したいのは露出度です。脚部や肩など、ある程度の肌を見せる作りになっている衣装ではありますが、あまり過度な露出をしてしまうと、品がない印象を与えてしまいますし、新婦から見れば「目立ち過ぎ」という話しになってしまうかもしれません。あまり胸を強調しすぎるのも問題があります。

丈は膝下くらい。肩は露出しないもの、するタイプを着るのならストールで隠すなどして、露出を適度に抑えるようにしましょう。また、色に関しては白や黒などは極力選ばないようにした方が賢明です。白は新婦とかぶり、黒は喪服を連想させてしまうためです。赤やオレンジなどの派手な色も、問題はありませんがあまり強すぎる色も気を付ける必要があります。

パンツルックの場合:ワンポイントの色使いでフォーマル感を軽減日頃の仕事などで着慣れているという人も多いパンツルック。ですが、さすがに仕事中と同じような格好をすれば、結婚式では浮いてしまうでしょう。アクセサリーやシャツのデザインなどを工夫して、いつもよりちょっとだけ華やかな格好をするように心がけましょう。黒一色になってしまうと男性と違いがつかなくなってしまいます。

仕事中であれば問題はないかもしれませんが、結婚式ではやはり物足りなさが残ります。柄のある靴を履いてみるのもアクセントとしては重要です。また、露出とは相性の悪い服装ですから、胸元を開けすぎたりするのは禁物です。セクシーで華やかな印象にまとめるというよりも、ビシッとクールにまとめて、ワンポイントのアクセントで女性らしさアピール、というのが賢いコーディネートだと言えます。

靴選びにも注意!結婚式での男性の服装

結婚式に招待された時、服装に困るのは何も女性だけではありません。もちろん、女性に比べればドレスの選び方や髪形などに苦労することはありませんが、それでも一定のマナーというものがありますから手を抜いていいということにはなりません。

ここでは、結婚式での男性の服装について概説します。スーツには派手すぎず地味すぎないものを結婚式に呼ばれた場合、男性であれば大抵の人はスーツを着ていくでしょう。一般的な黒スーツを着ていけば問題はありませんが、濃紺のスーツやダークグレーのスーツでも問題はありません。

また、フロントのダブル・シングルも個人の自由。一般的には、ダブルは年配の人の方が似合いますが、決して制約があるわけではありません。ネクタイの配色にも注意が必要です。ノーネクタイでも問題はないかもしれませんが、式場ですからビシッと決めるに越したことはありません。

柄もできるだけ派手なもの、黒は避けた方が良いでしょう。これは中に着るシャツやベストに関しても同様です。また、二次会などのパーティーでは、スーツでなくともジャケットスタイルであればオーケーです。さすがに普通の私服を着ていくのはNGですから、ハメの外し過ぎに気を付けるようにしましょう。

ビジネスシューズもきちんとした革靴を履いている靴にも気を付けなくてはなりません。一口にビジネスシューズ、革靴と言ってもいろいろあります。具体的には、飾りが何もないプレーントゥ、つま先の切り替え部分に一本選の入っているストレートチップ、そして、羽のような飾りがついたウィングチップなどになります。

前二つのタイプであれば、スーツとも相性が良く、職場に行くのと同じ感じになりますから結婚式に出向いても違和感はありませんが、ウィングチップになると「フォーマル」というよりも「フォーマルチック」な服装になってきますから、可能なら回避した方が無難かもしれません。

ただし、あまり方にはまった格好をして、職場にいるのと同じ感じの服装にしてしまうと、却って堅い印象を与えてしまうかもしれません。極端な話、雰囲気を固くしてしまうかもしれませんから、適度な「崩し」を加えるのも上級者のテクニックとして必要でしょう。

「結婚式でのネクタイの選び方」

20代後半に差し掛かってくると、結婚式に呼ばれる機会が増えます。
男性は、スーツにネクタイをビシッと決めて格好よく参加したいものですが、
どんな色がよいかご存じでしょうか。

選ぶ際は、特に色に気を付けなければなりません。
では、どんな色がダメで、どんな色が良いとされているのか、詳しく説明していきます。

一般的に黒はNGとされております。これは、やはり喪服を連想することから好まれない色となっており、
華やかな結婚式には相応しくありません。まずは、黒は絶対に避けるように注意しましょう。

では、好まれる色は何なのでしょうか。一昔前までは白が主流でした。
もちろん今もその風習は続いておりますので、困ったら無難に白を選ぶことをお薦めします。

白とは少し違う、白銀やグレーでも良いとされております。しかし最近では、若い人が白をあまり好まなくなってきました。

10代?30代の方は、白よりも、比較的カラフルなものを身に付けるのが、今の流行りとなっております。
例えば、パステルカラーのものや、ピンク、ライトブルーといった華やかな色合いのものが好まれております。

他にもシャンパンゴールドは少し派手ではありますが、もともとが華やかな舞台なので、問題ありません。
そして柄ですが、基本的には柄はない方がよいでしょう。ただ、ストライプや水玉、小紋柄などであれば、よりおしゃれで爽やかな印象になるでしょう。

ネクタイピンを付ける場合は、ネクタイに合わせたものを使用すると、より良いでしょう。
ちなみに結び方は特に決まりなどはありません。普段通りに、自分がやりやすい方法で結んでいただいてけっこうです。
もし二次会に参加するのであれば、二次会用に別の色を用意するなど工夫をするのもアリです。

写真を撮る機会は多くなりますので、後から実は違う色のものをしていたと分かるだけで、印象が良くなります。
結婚式では、まず黒は避けるようにしてください。若い人は、白よりも、少し冒険して爽やかな色のものを着けるとよいでしょう。

男性は女性に比べて、そこまで服装には気を遣わなくてよいのですが、しっかりと場に合わせたものを利用することが大切です。

Categories Tie