【結婚式の「ネクタイ」、意外と迷う?!色・柄・種類】

結婚式につけていく「ネクタイ」、何を着用すればいいのか分からず結局無難な白っぽいものに…という人も少なくないのではないでしょうか。今回はフォーマルな場でのネクタイの選び方やお勧めネクタイなどを紹介していきたいと思います!

【昔の常識は「白ネクタイ」!今は?】
かつて結婚式に参列する人は白いネクタイをするのが定番でした。その名残からか今でも年配の方は「白いネクタイが当たり前!」という考えを持っている人が多いのが現状です。マナーの観点から見るとシルバーグレーや白黒のストライプでも全く問題なく、若者には明るいカラーネクタイが人気です。参列する結婚式に高齢の方が多い場合は、白やシルバーを基調としたネクタイをセレクトすると間違いはありません。実は「白いネクタイ」というのは海外では一般招待客のフォーマルな装いとして認識されておらず、着用するのは新郎とその父親だけ。特に海外挙式の際は間違っても付けないようにしましょう。

【おススメの柄は?NGな柄は?素材にもこだわって】
定番のネクタイの柄である、ストライプ、ドット、チェックは結婚式に着用しても問題ありません。カジュアルな結婚式の場合はポップで明るい印象の遊び心のある物をつけてもOK。参列する結婚式がどんな式なのか、参列する人の年齢などを考慮し、「非常識」と思われないようにしましょう。注意したいのが、パーティー向けと思われる柄であっても黒をベースとしたネクタイは避けること。またかわいいからと言って動物柄もNG。不安なら購入する際に店員さんに聞いてみるのもいいですね。素材にも是非こだわりましょう。光沢感のあるネクタイは高級感もあり上品でおしゃれに見えるのでおススメです。

【個性を出したいあなたには?!】
オシャレに個性を出したいなら、ネクタイピンやカフスボタンを上手に取りいれましょう。ネクタイに合わせたチーフを身につければより洗練された印象に。エレガントな演出をしたいのならアスコットタイを!歴史あるタイですが、若者にとっては逆に新鮮で個性を出すことができます。いかがでしたか?ネクタイはその人を演出する素敵なアイテム。結婚式では是非マナーを守ったお気に入りのネクタイをセレクトしてくださいね!

Categories Tie

結婚式にふさわしいネクタイの結び方!

普段から仕事ではスーツを着ているという方でも、意外とネクタイの結び方はあまり知らないのではないでしょうか。そんな結び方に、まさか結婚式にふさわしい結び方があるなんて、まさか知る由もなかった、という方が大半だと思います。いつも通りの結び方ではもしかしたら、恥をかいてしまうかも。そうならないためにも、ふさわしい結び方を覚えておきましょう。

《おすすめの結び方は3種類》
まず、ブラインドフォールドノットという結び方です。定番のプレーンノットにひと手間加える結び方です。特徴としては、ノット(結び目)を隠すことで、スカーフやスコットタイに見えるという点。フォーマルな席にぴったりの結び方です。結び目をうまくまとめるのが苦手という方でも隠せてしまうのでおすすめですし、ちょっと遊び心のある結び方なので、わかる人にはわかるちょっとしたオシャレポイントともなります。さらに、ウィンザーノットという結び方。結び方は少し複雑ですが、典型的な英国調スタイルの一つで、結び目が大きく見えるのが特徴です。首元をしっかりと落ち着かせるスタイルですね。さらに、ノンノットという結び方。通常なら隠れている小剣(細いほう)をシャツ側に隠すものですが、結び目を外にすることで、結び目が目立ちます。披露宴ではちょっと目立ちすぎかもしれませんが、二次会などではおすすめです。

《定番の「白」「シルバー」》
結婚式と言ったら、ネクタイは白やシルバーが定番です。しかし、最近は野暮ったいという印象からか、柄が入っていたり、パステルカラーのものも好まれています。年々、色の許容範囲は広がっている印象ですが、気にしてほしいのは、わざわざその色を選ぶ理由を考えてほしいという事です。友人や年の近い方たちでの式であれば、あまり意識する必要はないかもしれませんが、年配の方や会社関係の人が集まる席であれば、その場にあった色を選びたいものです。白、もしくはシルバーやダークシルバーといった、定番の色を用意しましょう。そして、絶対に避けたいのが黒。これは、葬式を連想させるため、控えるべきだという場合がほとんどです。少し、堅苦しいような気もしますが、主役である新郎新婦を困らせてしまうわけにもいきませんから、節度を持ったうえでのオシャレをお楽しみいただければと思います。

Categories Tie

ネクタイでオシャレをする

男性がスーツでオシャレをする場合、もちろんスーツの色や柄などでも遊び心を取り入れることができますが、それ以外にもネクタイで個性を出すことができます。基本的には好きな色でもいいのですが、結婚式が昼なのか夜なのかによっても選ぶものは違ってくるでしょう。また柄物を付けたいと思うなら、ストライプやチェック、ドットなど定番のものが無難といえます。

基本的に新郎のワイシャツは白なので、どんな色でも差し色として合うでしょう。特に最近の結婚式でよく見られるのが、新郎が蝶タイを選んでオシャレを楽しんでいるということです。例えば黒いタキシードでシンプルに決めたら、白い蝶タイで主役感を出すことができます。

そしてもうちょっと派手目にしたいというなら、タキシードの下にカラーのベストを来て、同じ色の蝶タイをつけるとさらにオシャレ感がUPします。もしも花嫁がお色直しでカラードレスを着るのであれば、男性は同じ色の蝶タイで登場すると、ラブラブな雰囲気を醸し出せるかもしれません。そして最近密かに流行っているのが、花嫁のドレスと同じ生地で作る手作りタイです。

アスコットタイと言って一見風変わりな幅広のネクタイなのですが、意外にも手作りしやすいデザインのため、花嫁が新郎のために作ってあげ、本番に二人で登場すれば注目を浴びること間違い無しです。

このアスコットタイは材料費はそんなに掛かるものではありませんし、型紙もネットでダウンロードできますので、愛情を込めて一針一針縫うことで、二人の特別な日に対する思いも強くなっていくでしょう。女性のウェディングドレスが白やパールなど落ち着いた色でもあるので、男性はタイの色で少し目立ってもいいかもしれません。

色だけではなく、結び方もたくさんあり、どの結び方が着ているタキシードと合うか、また首の長さや体型によっても合う合わないがあるので、本番に向けてネクタイの結び方の練習をしてもいいでしょう。

Categories Tie

結婚式では、男性はどんな服装をしたらいいの?

結婚式に招待されたけれど、どんな服装で行けばいいか判らない。仕事用のスーツで大丈夫?そんな貴方に、失敗しない服装マナーをお教えします・ブラックスーツがベスト新郎新婦のご両親や主賓の方でしたらモーニングや燕尾服の正装が正式な服装になりますが、親族や友人同僚での参列でしたら正装をする方は少なく、略礼装のブラックスーツが一般的です。

一定以上の年齢の方はダブルのブラックスーツに白いネクタイがベストの服装。しかし、若い方だとダブルのブラックスーツは「お葬式のよう」「お年寄りみたいでダサい」と敬遠する方も。会場の格や新郎新婦との間柄にもよりますが、ブラックスーツではなく、濃いグレーや紺であまり柄の目立たないダークスーツでも可という場合もあるようです。

合わせるネクタイは、光沢のある白やシルバー、もしくはシャンパンゴールドといった華やかなものを選びます。その他、無地のブルーやピンクなどのパステルカラーを選ぶ方も増えている様子。派手な柄の入ったものは、オシャレではありますが結婚式のマナー的には眉を顰める方もいらっしゃいますので、二次会用にしておくと良いでしょう。

二次会でしたら、ハート柄やお祝い熨斗柄といったポップなアイテムで場を盛り上げるのも楽しいですね。同色のポケットチーフがあると、男性の服装もぐっと華やかになりますのでおすすめです。注意しておきたいマナーとしては、黒っぽいネクタイはNGという事があげられます。

柄が入っている場合でも黒が多いと喪服を連想させるという事で嫌がられますので、濃い色は避けた方が良いでしょう。また、小物などで柄物を選ぶ際にはクロコ柄やヒョウ柄、ゼブラ柄など生き物を連想させるものは「殺生を連想させる」という事でNGになりますので気を付けてください。男性が使用する事はあまりないでしょうが、ファー、フェイクファーも同じ理由で避けた方がよい素材になります。

オシャレな格好でお祝いしたいという方も、結婚式ではまずマナーを守る事が大切。新郎新婦の御親族にマナーに敏感なご年配の方がいらっしゃる場合もありますので、何も心配なく胸を張って新郎新婦をお祝いできる服装が一番です。

Categories Tie

結婚式にどんなネクタイを選んでいくか?

結婚式に行くなら、男性はスーツを着るのが基本。そして、ネクタイを選ぶのは応用編と呼ぶべきかもしれません。ネクタイと言ってもピンキリで、安いものから高いもの、無地のものからかなり凝ったデザインのものまでいろいろです。よほど極端なものでもない限りで、結婚式でNGになるようなネクタイは存在しません。

だからこそ、逆に言えば本人のセンスが問われるところでもありますから、きちんとした選択をして、ビシッと決めて行きたいところです。ネクタイの色は白が無難。あまり派手になりすぎないように注意基本的に、結婚式の服装は「黒スーツに白ネクタイ」が無難だと言われています。

伝統的に、それが作法として最もふさわしいとされているためであり、スタンダードな選択として候補に入れておく必要があります。とはいえ、だからと言って他のネクタイを使うのがダメなのかと言えばそういうことにはなりません。パステルカラーやライトブルーなど、配色に気を配るのも選択としてはオーケーです。

特に若い年代の方の場合は、こういう色を選んだ方が似合うことも多いでしょう。ただし、結婚式にはさまざまな年代の方が出席しますから、あまり派手な色を選んでしまうと年配の方のひんしゅくを買うかもしれませんから、ほどほどにする必要はあります。

また、一般常識ではありますが、黒は喪服をイメージさせてしまいますから、それも避けるようにしましょう。定番物であれば柄もオーケー次に、ネクタイの柄です。無地ではなくて柄を選ぶのに抵抗がある人もいるかもしれませんが、基本的に、ネクタイのスタンダードとして定着しているものは選んでも問題はありません。

ストライプ、チェック、ドットなど、よくあるネクタイの柄であればむしろ印象は良くなるでしょう。ただ、ネクタイとしてはあまり見ない柄、例えばアニマル柄とか、プリントがされていたりとか、であると、それは遊びが過ぎるという印象を与えかねないので、避けるのが賢明です。また、ネクタイピンやカフスボタンを付けていくのも、ワンポイントのアクセントとしては悪くないでしょう。

Categories Tie

「結婚式でのネクタイの選び方」

20代後半に差し掛かってくると、結婚式に呼ばれる機会が増えます。
男性は、スーツにネクタイをビシッと決めて格好よく参加したいものですが、
どんな色がよいかご存じでしょうか。

選ぶ際は、特に色に気を付けなければなりません。
では、どんな色がダメで、どんな色が良いとされているのか、詳しく説明していきます。

一般的に黒はNGとされております。これは、やはり喪服を連想することから好まれない色となっており、
華やかな結婚式には相応しくありません。まずは、黒は絶対に避けるように注意しましょう。

では、好まれる色は何なのでしょうか。一昔前までは白が主流でした。
もちろん今もその風習は続いておりますので、困ったら無難に白を選ぶことをお薦めします。

白とは少し違う、白銀やグレーでも良いとされております。しかし最近では、若い人が白をあまり好まなくなってきました。

10代?30代の方は、白よりも、比較的カラフルなものを身に付けるのが、今の流行りとなっております。
例えば、パステルカラーのものや、ピンク、ライトブルーといった華やかな色合いのものが好まれております。

他にもシャンパンゴールドは少し派手ではありますが、もともとが華やかな舞台なので、問題ありません。
そして柄ですが、基本的には柄はない方がよいでしょう。ただ、ストライプや水玉、小紋柄などであれば、よりおしゃれで爽やかな印象になるでしょう。

ネクタイピンを付ける場合は、ネクタイに合わせたものを使用すると、より良いでしょう。
ちなみに結び方は特に決まりなどはありません。普段通りに、自分がやりやすい方法で結んでいただいてけっこうです。
もし二次会に参加するのであれば、二次会用に別の色を用意するなど工夫をするのもアリです。

写真を撮る機会は多くなりますので、後から実は違う色のものをしていたと分かるだけで、印象が良くなります。
結婚式では、まず黒は避けるようにしてください。若い人は、白よりも、少し冒険して爽やかな色のものを着けるとよいでしょう。

男性は女性に比べて、そこまで服装には気を遣わなくてよいのですが、しっかりと場に合わせたものを利用することが大切です。

Categories Tie