【結婚式にはどんな「スーツ」を着ていくのがベスト??】

結婚式に招待されても、男性は女性と違い着ていく服装についてそこまで悩む人は多くないと思います。しかし一言に「黒のスーツ」といっても細かいマナーやルールを知っていると知っていないとでは大違い。間違った装いになり恥をかく前に、正しい「スーツ」の知識を学んでおきましょう!

【男性の「正礼装」「準礼装」「略礼装」】
男性の「正礼装」といえば、モーニングコートや燕尾服、和装の場合は紋付き羽織袴ですが、これは新郎や両家の父親が着る服になります。そのひとつ格下の「準礼装」はディレクターズスーツやタキシードですが、これもよっぽど格式の高い結婚式でないのなら着る必要はありません。一般の招待客として結婚式に参列するのであれば「略礼装」のブラックスーツ、つまり黒無地のスーツを着用します。結婚式だけでなく弔事にも使え、また他の礼装と違い昼夜区別なく着られるためとても便利です。

【「お祝いの場」を意識して、体にキチッと合ったスーツを!】
ブラックスーツを着ていけばマナーとしては間違いはないのですが、ときどきお祝いの場を意識していない”だらしない印象”を与えてしまう男性もいます。結婚式参列に限ったことではありませんが、体に合っていないスーツを着ていることほど格好が悪いものはありません。逆にキチッと体に合ったものを着ていると、ただのシンプルな装いでも全体として洗練された印象を与える事が出来ます。またパッと見て「お葬式?」と思われない装いを心がけることです。白やシルバーを基本とした上質なアクセサリーをつけるとお祝いするのにふさわしい装いになりますよ。

【「平服で」と言われてもラフ過ぎないように注意して!】
最近はレストランウエディングやパーティー形式の披露宴も多く「平服で」と言われることがあります。その場合はブラックスーツを避けてダークスーツを着用しカジュアル感を出しましょう。結婚式に参列したら、周りの男性の恰好をさりげなく観察してみましょう。「スーツ」の着こなし方も実は奥が深いもの。定番だけどオシャレで格好いい、そんな着方があなたの魅力を引き立たせますよ!

結婚式にびしっとスーツを決めていきたい!

新郎新婦の晴れ舞台の結婚式。お呼ばれしたからには、それなりの格好をしていかないと失礼にあたります。でも、結婚式なんてそんなに頻繁に出席するものでもないから、当日の衣装はこれでいいのか、不安だという方も多いと思います。そこで、あらためてどういった衣装が好まれるのか、確認してみましょう。

《サイズ感が大切》
男性の衣装に求められることは、そのセンスよりも、全体的に配慮されているものか、という点に尽きるかと思います。その中でも、意外と見られているのが、サイズ感。丈が短い、または長すぎるというのは、見ていて残念な気分になるものです。逆に、しっかりと自分の体に合ったサイズであれば、自分の事をしっかりとわかっているのだと、感心してもらえることでしょう。同時に、生地がしっかりとしているということも大切です。これは、決して生地の値段だけの話ではありません。もちろん、高級な生地をびしっと決めていることも好感の持てるポイントかもしれませんが、要はスーツ自体にしわなどがないかという事。朝着ていくときは、しわ1つなくても、会場で座ったり立ったりを繰り返すうちに、意外としわができる事がありますから、常に周りの目を意識しておくとよいでしょう。

《新しさより、定番のものを》
新しいものを取り入れたオシャレほど、難しいものはありません。従来のマナーと比べて、格段に許容範囲は広がっているものの、あなたが思うオシャレが、会場に来る方々にとってはそうではない場合も多くあります。特に、幅広い世代の方が参加する式では、オシャレではなく、変わったスーツととらえられる場合もあります。最悪の場合、式後にあの衣装はないよ、と親戚中の笑いものになるという事も考えられます。そんな場で、変に奇をてらったオシャレをするくらいなら、定番のものを選びましょう。定番=ちょっとダサいということはありません。むしろ、人気だからこその定番です。どうしてもほかの人と差をつけたいという場合は、ネクタイや小物をちょっとアレンジしてみましょう。チーフやネクタイピン、シャツのボタンなど、細かいところを意識すると、しっかりと定番を抑えた中でもオシャレさは伝わるものです。清潔感を第一に、あとはちょっとの遊び心を加えて、自信をもって式に参加しましょう。

男性はシンプルが一番

結婚式は女性がメインと思われることがほとんどですが、男性だってオシャレもしたいですし、それなりに目立ちたいですよね。新郎新婦にとっても大事な行事ですし、家族にとっても記念に残る日なので、納得できる服装を選びたいものです。新郎が着るスーツの中にはタキシード、モーニング、フロックコート、セレモニースーツなどが有ります。

普段ではほとんど着ることがないので、自分の気に入った物を選ぶことが大事なのですが、単に気に入ったというだけではなく、自分の体型にあったものを選ぶ必要があります。特に結婚式において一番の人気のタキシードはきるひとを選ばない定番の衣装だといえます。体型にかかわらず着こなししやすいということと、様々なバリエーションがあるためファーマルからカジュアルまで対応できます。しかし、タキシードは着慣れないということもあり、どのように選べばいいのかわからない方が多いのではないでしょうか。

しかし、タキシードを選ぶ基準は2つしかありません。一つはシンプル・イズ・ベスト。シンプルであるほうがオシャレ感が出るのです。アクセント色がはいったタキシードなどもありますが、海外ではすでに廃れていて逆にダサくなってしまいます。そして大事なのは品質。品質の良さは見た目でわかり、上品な光沢感が有ります。

そのようなタキシードは大変エレガントで女性を引き立たせることができるのです。費用の点を考慮するとレンタルのほうがお得だと考えがちですがレンタルでも平均的に15万強かかるようです。しかしよく探してみると、オーダーメイドでレンタルよりも安い値段で自分専用のサイズで作ってもらうことができるのです。

どんなスーツを選ぶにしても、まずは色々調べてレンタルがいいのかオーダーメイドがいいのか決めましょう。また購入前には絶対に試着することで、結婚式本番でサイズ違いや体にしっくりこないなどといったトラブルを避けることができるでしょう。

ビジネス用はNG?結婚式の服装TIPS

結婚式に招待されたとき、あなたならどんな服装で行きますか?全く想像がつかないという方、せっかくだからオシャレするという方。まずはマナーを知って、失礼のない服装で出席しましょう。ブラックスーツがベターですとはいえ、略礼装のブラックスーツと黒のビジネススーツ、どこが違うの?という疑問を持たれている方もいるのでは?

略礼装は生地が光沢や織り柄のない黒でできており、デザインは長く着られるようあまり流行や個性のないゆったりめのシルエットである場合が多くなります。ビジネス用の黒は微光沢があり、織り柄の入っているものも多く、シルエットも最近は体にフィットしたようなデザインが流行りですので、「同じ黒」と思っていても、並んで見ると差は一目瞭然です。

ですので、会社の上司など目上の方のお式であったり、新郎新婦の親族として列席する場合には、きちんと略礼装を着るのがベターでしょう。友人や同僚のお式では、ビジネス用や日常用の黒や濃紺や濃いグレーなどでも可になる場合があります。式場の格やご親族の雰囲気にも寄りますので、事前に新郎新婦に確認をしておくと安心でしょう。

ネクタイやチーフで華やかさを合わせるネクタイは、光沢のある白が正式です。もう少しオシャレにという方は、シルバーやシャンパンゴールドのネクタイもおすすめ。カジュアルなお式の場合には、無地か織り柄のパステルカラーのピンクやブルーのネクタイで華やかに装う方も。

派手な柄物はカジュアルになりすぎるので避けましょう。チーフを胸ポケットに飾る事でぐっと盛装感が出ますのでおすすめのアイテムです。できればネクタイと同色のものがオシャレですね。ネクタイの代わりにアスコットタイにすると、よりエレガントに装う事ができます。

アスコットタイでしたら少し派手目の色もOKです。細身のネクタイにシルバーのリングを通して結ぶリングタイや胸元につけるラペルピンといった小物のオシャレも素敵ですね。シルバーリングやラペルピンは手頃な値段でも手に入りますので、二次会で印象を変えたい場合におすすめです。

結婚式ではどんなスーツを着ればいい?スーツ選びの基準いろいろ

結婚式で男性を悩ませるのがスーツの着こなし。どんなタイプのスーツを着ていけばいいのかとか、シャツやネクタイの柄、靴のチョイスなど、細かい部分で選択が必要になります。女性ほどコーディネートに対する意識が高いわけではないにせよ、「知人の結婚式くらいビシッと決めて参列したい」という気持ちは性別を問いません。まさか仕事に行く時と同じ格好をするわけにもいかないし、という変なプライドじみたものが湧いてくる部分もあるでしょう。

シングルにダブルにブラックにダーク・・・一口にスーツと言ってもいろいろあり、どれが一番結婚式に適切なのかと言われれば難しいところがあります。基本的に、結婚式の場合であれば、どのタイプのスーツを着て行っても問題にはなりません。少なくとも、社交辞令的な意味でのマナー違反となるようなスーツは存在しません。

そうなるものはスーツとは呼ばない、といういい方もできるでしょう。シングルは20代が着るものとか、ダブルは40代から着るものと言った基準もありますが、これはどちらかと言えばモラルとか価値観的なものでそう決まっているだけで、形式的な基準においては、「スーツはこれを着なくてはならない」というものは存在しないのです。

どちらかと言えば、きちんとクリーニングをするとか、いつもよりも高価なスーツを着るとか、そういう面に気を配ると良いかもしれません。タバコのにおいがしたり、どことなくくたびれているようなスーツを着て行っては、フォーマル独特の「ビシッ」とした感じが無くなってしまいます。

ネクタイのチョイスは地味に大切また、結構違いが出るのがネクタイのチョイスです。胸元は目立ちますし、個人のセンスでかなりの幅が出ますから、ここはこだわりたいところです。まず、素材的にはシルクを使っているもの。要するに安価なものは避けるべきということです。

ポリエステルを使っているものでも一見すれば違いはありませんが、わかる人には違いが判ってしまいますし、ある種の高級感はなくなります。柄にしても、派手なものはユニークなものはさけで、シンプルなストライプや千鳥柄のものを選ぶと良いでしょう。

「結婚式のスーツで気を付けること」

結婚式に呼ばれた男性がまず用意しなければならいのはスーツです。
そして重要なのは、「色」と「清潔感」です。何回も参加している人であれば心配ないと思いますが、
始めて参加する方などはどういったものを着ていけばよいか不安になると思います。

ここでは具体的に、どういったものがよいのか説明していきたいと思います。色については、
基本的にダークな色を選ぶようにしましょう。ダークな色といえば、定番はブラックです。
困ったらブラックなものを着ておけばまず間違いありません。

基本的には略礼服を着ることが多くなると思いますが、避けたいのは仕事で利用しているような
ビジネススーツを着ることです。大切なのは、お祝いする気持ちです。いつもと同じものを着ていっては、
その気持ちが相手に伝わりません。持っていなければ、新調するなりして絶対に仕事で着ているものとは
別のものを用意するようにしましょう。では、ブラック以外にしたいという場合はどんな色がよいでしょうか。

ここでもやはりダーク系のものがよいです。例えばネイビーだったりグレーであれば問題ありません。
ここであまり派手な色を付けると、主役より目立ってしまうことになるので、おしゃれすぎず落ち着いた
印象を与える色が良いとされております。柄があるものも避けた方が無難です。では色について分かったところで、
次に他に気を付けなければならないポイントを紹介します。それは、ずばり清潔感です。

例えば、折り目はきっちりと付いているか目視で確認しましょう。付いていなければアイロンがけをするなど
事前に準備してください。ヨレヨレだったり汚れがついていると、女性から見てだらしなく見えます。
誰が見ても清潔感を感じられるように、気をつけましょう。これから結婚式に備えてスーツを用意しようと考えている方は、
必ず結婚式用のものを用意するようにしましょう。そして実際に選ぶ際は、ダークな色のものにしてください。

そして前日には、アイロンがけをしたりクリーニングに出すなどして、清潔感を演出できるように、しっかりと準備することが大切です。