【OK?NG?「結婚式のワンピース」の新常識とは!?】

ホテル婚、パーティー形式、邸宅貸し切り結婚式など…「結婚式」といっても最近は種類も増えさまざまな形で行われるようになりました。参列側としてその際悩むのが服装ですよね。今回は結婚式に着ていく「ワンピース」にスポットを当て、マナーやおススメのものなどを紹介していきたいと思います!

【「ワンピース」のマナーをチェック!!】
ワンピースを選ぶ前に、結婚式に着ていく服装の基本的な知識を知ることは大切です。ここでは基本マナーを紹介しましょう。まず「白」を避けること。これは新婦のドレスと色が被ってしまうため、マナー違反とされています。白に近いベージュやクリーム色、シルバーはNGではありませんが、写真の写り方によっては白く見えることもあります。「黒」は明るめの小物と合わせることで、喪服のようにならないようにしましょう。それから「露出」は適度なものを。肩を出す、短すぎるスカートは避けましょう。ただし夜の披露宴ではイブニングドレスが正装ですので着ても問題ありません。

【参列するのはどんなウェディング??】
ワンピースを選ぶうえで大切なのは、参列する結婚式のタイプを考慮することです。例えばホテルウェディングは格式が高めの恰好を。レストランウェディングは少々カジュアルでもOK。神社や寺院、教会での式は露出が控えめなものを選ぶようにしましょう。ガーデンウェディングなどが人気の邸宅結婚式では、明るめの色をセレクトするとベターです。

【ちょっと個性を出したい、そんなとき】
パーティードレスを扱うお店に行くと、さまざまなカラーやデザインのものがそろっています。「わかれる」をイメージし、かつてはあまり着る人が少なかった「バイカラーワンピース」は今はオシャレなドレスとして許容されるようになりました。また「パンツスタイル」も注目度が年々上がっています。初心者でも他人とちょっと差がつけられるのは「アシンメトリー」なデザインのもの。左右非対称になるとグッと洗練されたイメージを作ることができますよ!結婚式のワンピースを選ぶことは女性にとってもオシャレの楽しみのひとつ。マナーを守りつつ自分の魅力を出せるようなものを選べるといいですね!

結婚式に着たい人気のワンピース

結婚式に呼ばれて、さて、服装はどうしようと悩まれる方も少なくないはず。年齢にもよりますが、幅広く人気なのが、ワンピースタイプのドレス。多くの男性が黒を基調としたスーツで来るため、明るい色のドレスを選べば、会場が華やかになります。ひそかに、会場で出会いを求めているという女性にとっても、衣装には気を使いたいもの。式の主役は新郎新婦ですので、注意したいマナーはありますが、精いっぱいのオシャレに身を包みたいものですよね。

《ドレスは、白以外を選びましょう》
純白の花嫁の名のとおり、白いドレスは花嫁のもの。当日の主役である花嫁と色がかぶってしまうのは避けるべきですので、白以外のドレスを選びましょう。中でも人気なのが、紺色のドレスです。紺色といっても、男性のスーツのような暗い紺ではなく、少し明るめなものが好まれています。羽織ものやアクセサリー、バッグなどと合わせやすく、全体的に落ち着いた印象を与えてくれるのがうれしいところ。次いで、女性らしいピンクのドレスもかわいらしい色合いが人気です。若いうちであれば、発色の良いピンクを選び、年を重ねている場合でも、落ち着いた桜色のようなピンクであれば上品にまとめられます。ただし、あまり淡すぎると、光の加減で白っぽく見えてしまうため、要注意です。

《小物を取り入れ、ワンランク上のコーディネートを》
素敵なドレスを着ても、それだけではちょっと物足りないものです。もともと、結婚式向けのドレスは、単色のものがほとんどですので、羽織ものやバッグ、アクセサリーで色にポイントを付けて、オシャレさを演出しましょう。人気の紺色だと、羽織ものは白でも黒でもまとまりが良く、パールのアクセサリーとも相性はばっちりです。ピンクのドレスであれば、落ち着いた印象を与えられる黒い羽織ものやバッグがおすすめです。ただし、あまり明るいピンクである場合、黒と組み合わせると、その明るさが際立ってしまうため、白をポイントにあしらいましょう。そうはいっても、コーディネートはなかなか難しいものです。まずは、あなた自身に似合っているか、お店の方に相談してみるというのも1つの手ですので、焦らずにお決めになっていただくのが一番でしょう。式当日は、意外と歩き回ったり、慣れない席で疲れもたまるものですから、長時間着ていても疲れないドレスを選ぶのも大切です。せっかくのお祝いの席ですから、失敗のない衣装選びを心がけてください。

目立ちすぎず目立つ服装とは

花嫁よりは目立たないようにしながら、それでも他のゲストよりは目立ちたいと思っている女性は多くいいるはずです。それもそのはず、結婚式は普段ではなかなか着ることのない素敵なドレスを着るチャンスですし、独身女性にとっては出会いの場にもなるのです。きれいな色であっても白っぽく見える色は、花嫁カラーとされているので避けましょう。

ドレスが白やベージュでもアクセントに他の色が入っているものは大丈夫な場合があります。例えば腰回りに黒のリボンがあったり、ボレロや羽織りものを他の色にすれば問題ありません。そして色だけではなく気を付けなければいけないのが露出。最近はスタイルのいい女性も増えてきて、足もきれいなので見せることにあまり恥ずかしさを覚えないかもしれません。

しかしワンピースの中にはふとももの半分くらいまでの短い丈のものなどもあり、結婚式の雰囲気を壊すだけではなく、注目を花嫁より浴びる可能性があります。どんな服装がいいか、店員さんに相談するかもしれませんが、店員さんの中には服を買ってもらうことが一番で、TPOにふさわしいかどうかあまり気にせずに薦めてこられる場合もあります。

ですから、あまり周りの意見に振り回されず足だけではなく、胸元や肩の露出も避けていきましょう。そして冬の結婚式の場合もしかしたら、ファー素材のワンピースを選びたくなるかもしれませんが、それもよくありません。毛皮や革の素材はめでたい席にはよくないといわれ、その理由は「殺生」をイメージさせるからです。

食事が出される場でもありますので、ファーの毛が飛んだりほこりが出たりなどして衛生的な観点からも、おすすめできません。そして見落としがちの点ですが、花嫁のお色直しとかぶるドレスも避ける対象になります。できれば式の前にお色直しでどの色のカラードレスを着るか聞いておけば、事前に着るワンピースの色を決めることができます。これは絶対的なルールではありませんが、頭に入れておくといいでしょう。

ワンピースで大丈夫?結婚式のお呼ばれ服

結婚式に招待されたけれど、着ていくドレスがない!お祝いの気持ちはあるけれど、数回しか着ないものに高額出すのは……。なんとか、手持ちの服で出席したいあなたに。賢い着まわし術お教えします。無地の光沢ワンピースは着回し力抜群!お呼ばれ用に1着は持っておきたい、サテンなど光沢のある素材の無地ワンピース。

色は、白やベージュ、薄い黄色などは避けましょう。つい無難な黒を選びたくなりますが、女性ゲストが黒い服ではお式が暗い雰囲気に。色のついた服を選び華やかさをだす事もお祝いです。あまりカラフルなものは……という方は、ネイビーもしくはシルバーといったお色が着まわしやすいですよ。

シフォンやレース、ビジューなどがついているものだとより華やかになりおすすめです。綿素材や柄物は、カジュアルになりすぎるのでNGです。バイカラーなど上下の色が違ったり、質感が違いツーピースに見える服は、オシャレではありますが、「別れる」を連想させ嫌がられる場合があります。

スカート丈は、膝が半分隠れる程度がベター。冠婚葬祭で膝が丸見えになるスカートでOKなのは10代まで。大人女子は膝を隠す丈が上品です。もしも手持ちの服では膝が見えてしまうという場合には、裾がレース素材のペチスカートなどを下に履く事で丈を調整する事ができます。

ペチスカートでしたら手頃な値段で買えますし、普段使いもできますよね。何度か続けて結婚式に出席するという場合には、写真に残る上半身に変化を付けましょう。ボレロやストール、シフォンやレース素材のティペットなどで印象が変わり、同じ服には見えにくくなります。ただし、ファー素材はフェイクファーも含め「殺生を連想させる」としてNGのが素材になりますので、冬のお式であってもファーの着用は避けましょう。

髪型とアクセサリーできちんと感を着回し服はどうしても少しカジュアルになってしまいますので、髪型とアクセサリーできちんと感を出す事をおすすめします。髪はまとめて、ヘアアクセサリーを。肌色のストッキングに、オープントウではないパンプスを合わせます。パンプスは普段使いのものにクリップ式の飾りをつければ、低コストでぐっと華やかになりますよ。アクセサリーはパールがベター。コサージュなどで華やかさをプラスするとさらに良いでしょう。一番大切なのは、新郎新婦をお祝いする気持ち。着回し服でもマナーはしっかり守って、素敵なお祝いに!

ワンピースとパンツスタイル。好まれるのはどちら?

結婚式に出席する女性の場合、服装のスタイルとして大きく分けて二つの選択肢があるかと思います。すなわち、ドレスのようなワンピーススタイルと、フォーマル服のようなパンツスタイルです。どちらを選ぶのか、というのはTPOというよりも個人の自由によるところが大きいので、どちらが良いか、というよりも「選んだ時にはここに注意したい」というのが大切になります。ここでは、二つのスタイル、それぞれの注意点をいくつか挙げてみたいと思います。

ワンピースの場合:過度な露出、白や黒の色使いに注意が必要ワンピースの場合、まず注意したいのは露出度です。脚部や肩など、ある程度の肌を見せる作りになっている衣装ではありますが、あまり過度な露出をしてしまうと、品がない印象を与えてしまいますし、新婦から見れば「目立ち過ぎ」という話しになってしまうかもしれません。あまり胸を強調しすぎるのも問題があります。

丈は膝下くらい。肩は露出しないもの、するタイプを着るのならストールで隠すなどして、露出を適度に抑えるようにしましょう。また、色に関しては白や黒などは極力選ばないようにした方が賢明です。白は新婦とかぶり、黒は喪服を連想させてしまうためです。赤やオレンジなどの派手な色も、問題はありませんがあまり強すぎる色も気を付ける必要があります。

パンツルックの場合:ワンポイントの色使いでフォーマル感を軽減日頃の仕事などで着慣れているという人も多いパンツルック。ですが、さすがに仕事中と同じような格好をすれば、結婚式では浮いてしまうでしょう。アクセサリーやシャツのデザインなどを工夫して、いつもよりちょっとだけ華やかな格好をするように心がけましょう。黒一色になってしまうと男性と違いがつかなくなってしまいます。

仕事中であれば問題はないかもしれませんが、結婚式ではやはり物足りなさが残ります。柄のある靴を履いてみるのもアクセントとしては重要です。また、露出とは相性の悪い服装ですから、胸元を開けすぎたりするのは禁物です。セクシーで華やかな印象にまとめるというよりも、ビシッとクールにまとめて、ワンポイントのアクセントで女性らしさアピール、というのが賢いコーディネートだと言えます。

「女性が結婚式にやってはいけない服装とは」

結婚式では、主役はもちろんのことですが、来賓するゲストの方々も目いっぱいおしゃれをして参加するので、みんなにとっての晴れ舞台です。

特に女性は何を着ていけばよいのか困った経験はないでしょうか。

そんな女性の方は、これだけはやってはいけない服装を押さえておかなければなりません。

逆にそれさえ分かっていれば、あとはどんな服装をするのかは自由なのです。

最初に服装の種類ですが、これは特に決まりはありません。

着物でもよいですし、もちろんワンピースやドレスも問題ありません。

まれにパンツスタイルで参加する人もいらっしゃいます。

しかし、ほとんど見かけることはなく、ワーキングスーツ以外のものを用意する必要があるため、避けた方が無難です。

次に色です。絶対にやってはいけないのが、「真っ黒」と「白いドレス」です。

黒はどうしてもお葬式を連想してしまうので、華やかな舞台には相応しくありません。

もし黒い服装をするのであれば、派手なアクセサリーや装飾品を一緒に付けるなど工夫が必要です。

白のドレスに関しては、もちろん花嫁が着るものなので、ゲストがきてはいけません。

これはある程度常識となっているのでご存じの方がほとんどだと思います。

細かな部分でやってはいけないことを紹介します。まずは、髪型です。

これは髪をおろしたままのいつも通りのヘアスタイルはNGです。

必ずアップスタイルにし、華やかさを演出しましょう。

小物も気を配る必要があります。

バッグは大きすぎるものは披露宴に相応しくないです。

パーティー用の小さめのものを持って行きましょう。

皮や毛皮素材の小物も、殺生をイメージしてしまうので、避けた方がよいです。

また肩を出したり、素足を出したりするのもよくありません。

肩はボレロを着けたり羽織物が必要です。

足もタイツやストッキングは必ず履くようにしましょう。

女性は、お洒落には普段から気を配っていると思いますが、特に結婚式では気を付けなければならないポイントがたくさんあります。

まずは、やってはいけない事を知っておき、その上で、できる限りのおしゃれをして参加するのが一番よいでしょう。