もう服装で悩まない?!和装での結婚式参列のすすめ。

結婚式のお呼ばれを頂くと、どんな服装で行けばいいのか悩んでしまうもの。気軽に着ることができるので、つい洋装を選んでしまい、何着かドレスを持ってしまいがちです。実は一見敷居が高そうな和装は、帯周りを変えるだけで雰囲気が変わるため、1着あると着回しがききます。また洋装ほど流行に左右されないため、年代問わず着ることのできる柄を持っておくと、長く着用することができます。では、どんな着物を選べばいいのか。まずは着物の格を知る必要があります。

結婚式に着ていくことのできる着物には、黒紋付・黒留袖・色留袖・振袖・訪問着があります。黒紋付や黒留袖は新郎新婦の親族女性が身に付けるものなので、友人としての出席の場合は、この2点は避けましょう。振袖は未婚女性の着用するものです。成人式で着物を購入した方は、この機会に着てみるのも良いのでは。ただし、袖の長い大振袖は花嫁が着用する可能性があるため、中振袖・訪問着に仕立て直しておく方が安心です。色留袖と訪問着は未既婚問わず着用できます。

色留袖は第一礼装になり、慶事の礼装で着るものになります。せっかく着物を買うのなら、結婚式以外でも着てみたいという方は、訪問着の方が用途が広がります。訪問着は第二礼装になり色留袖より格が落ちますが、結婚式以外にちょっとしたお呼ばれにも着ていくことができます。肩から胸、袖を通り裾までひと続きになった模様が特徴的なので、華やかな印象になります。帯にも格があり、着物の格に合わせて選ぶ必要があります。結婚式の場合は袋帯という最も格の高い帯を基本的に着用します。

袋帯は柄によってフォーマルからカジュアルまで使えるので、持っておくと便利です。金銀の糸が織り込まれたものは礼装・正装。軽めの柄は普段使いにと覚えておきましょう。帯の印象が変わるだけで、全体の見え方が変わります。昔は着物1つに帯3本といって、帯の種類を持っていれば1着の着物で、さまざまな着こなしが楽しめると言われていました。着物を1着持ち帯を揃えていくと、着まわしパターンが決まっていき、お呼ばれの服装に悩む時間が少なくなります。

長く使っていけるものなので、1度チャレンジしてみては。

男性が結婚式に着ていく服装のこだわりたいポイント!

結婚披露宴に呼ばれた男性ゲストは、フォーマルな黒のスーツという印象ですよね。しかし、最近では黒以外でも大丈夫という式も少なくありません。しかし、だからといって新郎より目立った格好というのも周囲のひんしゅくを買ってしまいますし、新郎新婦の会社の上司や親戚など、幅広い年齢の方々が集まる場所ですから、きちんとした服装を心がけましょう。

《まずは、スーツを決めましょう》
幅広い年齢層の方々が集まる式場では、定番のブラックスーツがおすすめですが、最近ではカジュアルでオシャレなダークスーツもおすすめです。濃紺やダークグレーであれば、それほど会場で浮くこともありませんし、周りとちょっと差がつけられます。また、ベストの色との組み合わせも大切です。ブラックスーツにブラックのベストではどうしても暗い印象を与えてしまうので、ブラックスーツの場合は白いベスト、明るめのスーツにはブラックのベストを組み合わせるなどして、全体的な印象を考えながら選ぶとよいでしょう。もちろん、小物やネクタイの色も意識すれば、良い印象を持っていただけると思います。

《シャツとネクタイは色物でも大丈夫》
シャツは無地で白、ネクタイもちょっと模様の入った白か、シルバーというのが、幅広い年齢層の方から好印象を持たれる定番ではありますが、ここ最近は、特に若者を中心に、色が入ったものが好まれるようになっています。淡いピンクやブルーのシャツ、ネクタイが特に人気で、組み合わせ方では落ち着いた印象を持たせることができるので、披露宴の格式などを確認したうえで、少し色物に挑戦してもよいかもしれません。ただし、その中でもいくつかタブーはあります。まず、アニマル柄はNGということ。これは男性に限らず、女性でもそうですが、祝いの席で殺生を連想するものはマナーがなっていないとされます。また、黒いネクタイもNGです。葬式をイメージしますので、せめてストライプが入ったものなどにしましょう。近年の結婚式では、衣装に関するマナーは、徐々に緩くなってきて、多少のアレンジはありとされてはいますが、その中でもやはり限度というものがありますから、迷ったときは、一緒に参加する友人や家族に相談するとよいでしょう。

男性の結婚式スタイル

ちゃんとした場所である結婚式には、普段とは違った服装で行く必要があります。女性はドレスやワンピースなどでファッションを楽しみますが、男性はスーツを着てればいいじゃないかとあまり気を付けないかもしれません。しかし男性のゲストファッションにも注意すべきことがいくつかあるのです。

参列者として出席する場合、黒のフォーマルスーツ、黒無地のスーツが一般的とされています。しかし立場によって正礼服を着用します。特に父親の立場であるなら、モーニングコート、タキシード、ディレクターズスーツがあげられます。そしてスピーチをするように頼まれている場合には準礼服とされる黒のフォーマルスーツがすすめられます。

結婚式で多くの人の前で話すということで注目も浴びますし、きちんとした印象を与えるにはぴったりの服装と言えるでしょう。そして最近はオシャレシャツなども人気ですが、基本的に式の参列は白い無地のワイシャツが好ましいです。

どうしても白は嫌だなと思うのであれば、事前に新郎新婦に確認して、パステルカラーなどの薄い色であれば周りの雰囲気を乱さずに済みます。二次会などになるとカラーシャツも許容されますが、激しい色のシャツの着用はやはりさけたほうが無難ですね。そしてネクタイですが、これも無地のものがいいでしょう。

親族の方などは白いネクタイの着用がすすめられていますが、シルバーやライトグレー、パステルカラーなど落ち着いた色合いのものを選びます。そして最近男性陣の中で流行ってるのが蝶ネクタイです。落ち着いた色を選びつつも個性を出すことができますね。

しかし、蝶ネクタイは基本的に夜のアイテムとされていますので、結婚式が午前中から始まるのであれば、使わないようにしましょう。男性の服装も清潔感あふれるもの、そして新郎よりも派手にならないことを意識することが一番です。ファッションとともに長髪だったり、ひげを生やしている方は不潔な印象を与えないことに気を配りましょう。

結婚式では、失礼のない服装でお祝いの気持ちを表しましょう!

結婚式の服装マナー、なんだか細かい決まり事がたくさんあって全部守るのは面倒くさい……という方も多いのでは?フォーマルウェアの売り場でも、「最近では、あまりマナーを厳しく気にされない方も多いですよ」という声も聞かれます。

しかし、結婚式に参列するのは最近の方ばかりではなく、当然ご年配の親族もいらっしゃいます。眉をひそめられるのはあなたではなく、あなたを招待した新郎新婦という場合も。「これで大丈夫かな?」と不安におもいながらでは、気になってお祝いに集中できないのでは?失礼のない服装で、心から新郎新婦をお祝いしましょう!

OKアイテム、NGアイテムドレスは、光沢のある無地のワンピースタイプを選びましょう。花嫁さんの色である白はもちろんですが、実は無難におもわれがちな黒も避けるのがベター。女性列席者が黒い服装では会場が暗い雰囲気になってしまい、あとから集合写真を見たらまるでお葬式みたいという場合があるため、華やかさのあるドレスがおすすめです。

ツーピースやバイカラーなど上下がわかれる服は、わかれるから「離別、離婚」を連想するという事で避けた方が良いアイテムです。フォーマルでは大人の女性のスカートはひざ丈が最も上品とされ、ミニスカートやマキシスカートはNGになります。袖なしのドレスの場合にはボレロやストールなどで肩を隠しましょう。

特にチャペルでの挙式の場合には、露出が多いと教会に入れないという事もありますので注意が必要です。ストッキングは肌色のもの。多少の飾りはOKですが総柄や網タイツ、カラータイツ、黒ストッキングはNGです。足元はブーツやミュールはNG。オープントウではないパンプスを履きましょう。

冬場の挙式で失敗しやすいのが、ファーの小物。可愛らしく冬向きのオシャレな素材ですが、ファーやクロコ、動物柄は、殺生を連想させるという事でお祝いにはふさわしくないとされています。フェイクファーであっても避ける方が無難です。如何でしょうか?少し項目が多いですが、これだけ守っていれば安心して参列できます。マナーを守って、素敵なお祝いになるといいですね!

靴選びにも注意!結婚式での男性の服装

結婚式に招待された時、服装に困るのは何も女性だけではありません。もちろん、女性に比べればドレスの選び方や髪形などに苦労することはありませんが、それでも一定のマナーというものがありますから手を抜いていいということにはなりません。

ここでは、結婚式での男性の服装について概説します。スーツには派手すぎず地味すぎないものを結婚式に呼ばれた場合、男性であれば大抵の人はスーツを着ていくでしょう。一般的な黒スーツを着ていけば問題はありませんが、濃紺のスーツやダークグレーのスーツでも問題はありません。

また、フロントのダブル・シングルも個人の自由。一般的には、ダブルは年配の人の方が似合いますが、決して制約があるわけではありません。ネクタイの配色にも注意が必要です。ノーネクタイでも問題はないかもしれませんが、式場ですからビシッと決めるに越したことはありません。

柄もできるだけ派手なもの、黒は避けた方が良いでしょう。これは中に着るシャツやベストに関しても同様です。また、二次会などのパーティーでは、スーツでなくともジャケットスタイルであればオーケーです。さすがに普通の私服を着ていくのはNGですから、ハメの外し過ぎに気を付けるようにしましょう。

ビジネスシューズもきちんとした革靴を履いている靴にも気を付けなくてはなりません。一口にビジネスシューズ、革靴と言ってもいろいろあります。具体的には、飾りが何もないプレーントゥ、つま先の切り替え部分に一本選の入っているストレートチップ、そして、羽のような飾りがついたウィングチップなどになります。

前二つのタイプであれば、スーツとも相性が良く、職場に行くのと同じ感じになりますから結婚式に出向いても違和感はありませんが、ウィングチップになると「フォーマル」というよりも「フォーマルチック」な服装になってきますから、可能なら回避した方が無難かもしれません。

ただし、あまり方にはまった格好をして、職場にいるのと同じ感じの服装にしてしまうと、却って堅い印象を与えてしまうかもしれません。極端な話、雰囲気を固くしてしまうかもしれませんから、適度な「崩し」を加えるのも上級者のテクニックとして必要でしょう。

「結婚式の服装の基本を押さえよう」

結婚式では、ゲストとして参加する際に、服装に気を配る必要があります。
ここでは、基本的なこととはなりますが、男性・女性・親族と、それぞれどういったものが
良いのか紹介していきたいと思います。

まずは男性からです。できる限りスーツを着用するようにしましょう。色はダークなものが
よいとされております。基本的にはダークブラックです。
昔から、ダブルのブラックスーツが一般的とされております。

ただ、最近の若い人はブラックを格好良いとは思わない人が多くなり、
派手なスーツで参加する方もいらっしゃいます。その場合は、必ず新郎より目立たないようにし、
上品で清楚なものを選ぶようにしましょう。

ネクタイの色は、黒を避け、極力明るい色にしてください。シャツは白で無地のものがよいです。
どれもしっかりとアイロンをかけるなど、ビシッとしたものを来てください。
ヨレヨレのものを着たらそれだけでイメージダウンです。

次に女性です。女性で意識したいのは、華やかだが花嫁より目立たない程度のものとなります。
絶対にNGなのは、白のドレスと真っ黒な服です。それさえ気を付けておけば、ほとんど問題ありません。
肩や素足を出したり、髪をさげたままにするのはよくないので、注意してください。
靴も、足の指が見えるようなものは好ましくありません。5cm以上のバンプスが無難です。

最後に親族の方の服装です。意識しなければならないのは、普段友人の結婚式や披露宴に参加する時よりも、
フォーマル度の高いものを着用することです。親族はゲストの中では重要な位置づけとなりますので、失礼のないようにしましょう。

例えば、父親であれば、正礼装のモーニングや、準礼装のタキシードが一般的です。
母親は、正礼装として、黒留袖が定番となっております。他にも、昼まであればイブニングドレス、
夕方から夜であれば、アフタヌーンドレスを着る方もいらっしゃいます。

今回紹介したのは、多くの人が把握しているであろう基本的なことばかりです。
まずはそこを押さえておいて、その上で自分なりにどういった服装がよいのか、好みに合わせて用意するのが理想的です。