結婚式では、男性はどんな服装をしたらいいの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式では、男性はどんな服装をしたらいいの?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式では、男性はどんな服装をしたらいいの?Wedding Fashion

結婚式に招待されたけれど、どんな服装で行けばいいか判らない。仕事用のスーツで大丈夫?そんな貴方に、失敗しない服装マナーをお教えします・ブラックスーツがベスト新郎新婦のご両親や主賓の方でしたらモーニングや燕尾服の正装が正式な服装になりますが、親族や友人同僚での参列でしたら正装をする方は少なく、略礼装のブラックスーツが一般的です。

一定以上の年齢の方はダブルのブラックスーツに白いネクタイがベストの服装。しかし、若い方だとダブルのブラックスーツは「お葬式のよう」「お年寄りみたいでダサい」と敬遠する方も。会場の格や新郎新婦との間柄にもよりますが、ブラックスーツではなく、濃いグレーや紺であまり柄の目立たないダークスーツでも可という場合もあるようです。

合わせるネクタイは、光沢のある白やシルバー、もしくはシャンパンゴールドといった華やかなものを選びます。その他、無地のブルーやピンクなどのパステルカラーを選ぶ方も増えている様子。派手な柄の入ったものは、オシャレではありますが結婚式のマナー的には眉を顰める方もいらっしゃいますので、二次会用にしておくと良いでしょう。

二次会でしたら、ハート柄やお祝い熨斗柄といったポップなアイテムで場を盛り上げるのも楽しいですね。同色のポケットチーフがあると、男性の服装もぐっと華やかになりますのでおすすめです。注意しておきたいマナーとしては、黒っぽいネクタイはNGという事があげられます。

柄が入っている場合でも黒が多いと喪服を連想させるという事で嫌がられますので、濃い色は避けた方が良いでしょう。また、小物などで柄物を選ぶ際にはクロコ柄やヒョウ柄、ゼブラ柄など生き物を連想させるものは「殺生を連想させる」という事でNGになりますので気を付けてください。男性が使用する事はあまりないでしょうが、ファー、フェイクファーも同じ理由で避けた方がよい素材になります。

オシャレな格好でお祝いしたいという方も、結婚式ではまずマナーを守る事が大切。新郎新婦の御親族にマナーに敏感なご年配の方がいらっしゃる場合もありますので、何も心配なく胸を張って新郎新婦をお祝いできる服装が一番です。

Categories Tie