ビジネス用はNG?結婚式の服装TIPS

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ビジネス用はNG?結婚式の服装TIPS
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ビジネス用はNG?結婚式の服装TIPSWedding Fashion

結婚式に招待されたとき、あなたならどんな服装で行きますか?全く想像がつかないという方、せっかくだからオシャレするという方。まずはマナーを知って、失礼のない服装で出席しましょう。ブラックスーツがベターですとはいえ、略礼装のブラックスーツと黒のビジネススーツ、どこが違うの?という疑問を持たれている方もいるのでは?

略礼装は生地が光沢や織り柄のない黒でできており、デザインは長く着られるようあまり流行や個性のないゆったりめのシルエットである場合が多くなります。ビジネス用の黒は微光沢があり、織り柄の入っているものも多く、シルエットも最近は体にフィットしたようなデザインが流行りですので、「同じ黒」と思っていても、並んで見ると差は一目瞭然です。

ですので、会社の上司など目上の方のお式であったり、新郎新婦の親族として列席する場合には、きちんと略礼装を着るのがベターでしょう。友人や同僚のお式では、ビジネス用や日常用の黒や濃紺や濃いグレーなどでも可になる場合があります。式場の格やご親族の雰囲気にも寄りますので、事前に新郎新婦に確認をしておくと安心でしょう。

ネクタイやチーフで華やかさを合わせるネクタイは、光沢のある白が正式です。もう少しオシャレにという方は、シルバーやシャンパンゴールドのネクタイもおすすめ。カジュアルなお式の場合には、無地か織り柄のパステルカラーのピンクやブルーのネクタイで華やかに装う方も。

派手な柄物はカジュアルになりすぎるので避けましょう。チーフを胸ポケットに飾る事でぐっと盛装感が出ますのでおすすめのアイテムです。できればネクタイと同色のものがオシャレですね。ネクタイの代わりにアスコットタイにすると、よりエレガントに装う事ができます。

アスコットタイでしたら少し派手目の色もOKです。細身のネクタイにシルバーのリングを通して結ぶリングタイや胸元につけるラペルピンといった小物のオシャレも素敵ですね。シルバーリングやラペルピンは手頃な値段でも手に入りますので、二次会で印象を変えたい場合におすすめです。