ワンピースで大丈夫?結婚式のお呼ばれ服

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ワンピースで大丈夫?結婚式のお呼ばれ服
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ワンピースで大丈夫?結婚式のお呼ばれ服Wedding Fashion

結婚式に招待されたけれど、着ていくドレスがない!お祝いの気持ちはあるけれど、数回しか着ないものに高額出すのは……。なんとか、手持ちの服で出席したいあなたに。賢い着まわし術お教えします。無地の光沢ワンピースは着回し力抜群!お呼ばれ用に1着は持っておきたい、サテンなど光沢のある素材の無地ワンピース。

色は、白やベージュ、薄い黄色などは避けましょう。つい無難な黒を選びたくなりますが、女性ゲストが黒い服ではお式が暗い雰囲気に。色のついた服を選び華やかさをだす事もお祝いです。あまりカラフルなものは……という方は、ネイビーもしくはシルバーといったお色が着まわしやすいですよ。

シフォンやレース、ビジューなどがついているものだとより華やかになりおすすめです。綿素材や柄物は、カジュアルになりすぎるのでNGです。バイカラーなど上下の色が違ったり、質感が違いツーピースに見える服は、オシャレではありますが、「別れる」を連想させ嫌がられる場合があります。

スカート丈は、膝が半分隠れる程度がベター。冠婚葬祭で膝が丸見えになるスカートでOKなのは10代まで。大人女子は膝を隠す丈が上品です。もしも手持ちの服では膝が見えてしまうという場合には、裾がレース素材のペチスカートなどを下に履く事で丈を調整する事ができます。

ペチスカートでしたら手頃な値段で買えますし、普段使いもできますよね。何度か続けて結婚式に出席するという場合には、写真に残る上半身に変化を付けましょう。ボレロやストール、シフォンやレース素材のティペットなどで印象が変わり、同じ服には見えにくくなります。ただし、ファー素材はフェイクファーも含め「殺生を連想させる」としてNGのが素材になりますので、冬のお式であってもファーの着用は避けましょう。

髪型とアクセサリーできちんと感を着回し服はどうしても少しカジュアルになってしまいますので、髪型とアクセサリーできちんと感を出す事をおすすめします。髪はまとめて、ヘアアクセサリーを。肌色のストッキングに、オープントウではないパンプスを合わせます。パンプスは普段使いのものにクリップ式の飾りをつければ、低コストでぐっと華やかになりますよ。アクセサリーはパールがベター。コサージュなどで華やかさをプラスするとさらに良いでしょう。一番大切なのは、新郎新婦をお祝いする気持ち。着回し服でもマナーはしっかり守って、素敵なお祝いに!