結婚式では、失礼のない服装でお祝いの気持ちを表しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式では、失礼のない服装でお祝いの気持ちを表しましょう!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式では、失礼のない服装でお祝いの気持ちを表しましょう!Wedding Fashion

結婚式の服装マナー、なんだか細かい決まり事がたくさんあって全部守るのは面倒くさい……という方も多いのでは?フォーマルウェアの売り場でも、「最近では、あまりマナーを厳しく気にされない方も多いですよ」という声も聞かれます。

しかし、結婚式に参列するのは最近の方ばかりではなく、当然ご年配の親族もいらっしゃいます。眉をひそめられるのはあなたではなく、あなたを招待した新郎新婦という場合も。「これで大丈夫かな?」と不安におもいながらでは、気になってお祝いに集中できないのでは?失礼のない服装で、心から新郎新婦をお祝いしましょう!

OKアイテム、NGアイテムドレスは、光沢のある無地のワンピースタイプを選びましょう。花嫁さんの色である白はもちろんですが、実は無難におもわれがちな黒も避けるのがベター。女性列席者が黒い服装では会場が暗い雰囲気になってしまい、あとから集合写真を見たらまるでお葬式みたいという場合があるため、華やかさのあるドレスがおすすめです。

ツーピースやバイカラーなど上下がわかれる服は、わかれるから「離別、離婚」を連想するという事で避けた方が良いアイテムです。フォーマルでは大人の女性のスカートはひざ丈が最も上品とされ、ミニスカートやマキシスカートはNGになります。袖なしのドレスの場合にはボレロやストールなどで肩を隠しましょう。

特にチャペルでの挙式の場合には、露出が多いと教会に入れないという事もありますので注意が必要です。ストッキングは肌色のもの。多少の飾りはOKですが総柄や網タイツ、カラータイツ、黒ストッキングはNGです。足元はブーツやミュールはNG。オープントウではないパンプスを履きましょう。

冬場の挙式で失敗しやすいのが、ファーの小物。可愛らしく冬向きのオシャレな素材ですが、ファーやクロコ、動物柄は、殺生を連想させるという事でお祝いにはふさわしくないとされています。フェイクファーであっても避ける方が無難です。如何でしょうか?少し項目が多いですが、これだけ守っていれば安心して参列できます。マナーを守って、素敵なお祝いになるといいですね!