結婚式にどんなネクタイを選んでいくか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式にどんなネクタイを選んでいくか?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式にどんなネクタイを選んでいくか?Wedding Fashion

結婚式に行くなら、男性はスーツを着るのが基本。そして、ネクタイを選ぶのは応用編と呼ぶべきかもしれません。ネクタイと言ってもピンキリで、安いものから高いもの、無地のものからかなり凝ったデザインのものまでいろいろです。よほど極端なものでもない限りで、結婚式でNGになるようなネクタイは存在しません。

だからこそ、逆に言えば本人のセンスが問われるところでもありますから、きちんとした選択をして、ビシッと決めて行きたいところです。ネクタイの色は白が無難。あまり派手になりすぎないように注意基本的に、結婚式の服装は「黒スーツに白ネクタイ」が無難だと言われています。

伝統的に、それが作法として最もふさわしいとされているためであり、スタンダードな選択として候補に入れておく必要があります。とはいえ、だからと言って他のネクタイを使うのがダメなのかと言えばそういうことにはなりません。パステルカラーやライトブルーなど、配色に気を配るのも選択としてはオーケーです。

特に若い年代の方の場合は、こういう色を選んだ方が似合うことも多いでしょう。ただし、結婚式にはさまざまな年代の方が出席しますから、あまり派手な色を選んでしまうと年配の方のひんしゅくを買うかもしれませんから、ほどほどにする必要はあります。

また、一般常識ではありますが、黒は喪服をイメージさせてしまいますから、それも避けるようにしましょう。定番物であれば柄もオーケー次に、ネクタイの柄です。無地ではなくて柄を選ぶのに抵抗がある人もいるかもしれませんが、基本的に、ネクタイのスタンダードとして定着しているものは選んでも問題はありません。

ストライプ、チェック、ドットなど、よくあるネクタイの柄であればむしろ印象は良くなるでしょう。ただ、ネクタイとしてはあまり見ない柄、例えばアニマル柄とか、プリントがされていたりとか、であると、それは遊びが過ぎるという印象を与えかねないので、避けるのが賢明です。また、ネクタイピンやカフスボタンを付けていくのも、ワンポイントのアクセントとしては悪くないでしょう。

Categories Tie