靴選びにも注意!結婚式での男性の服装

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 靴選びにも注意!結婚式での男性の服装
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
靴選びにも注意!結婚式での男性の服装Wedding Fashion

結婚式に招待された時、服装に困るのは何も女性だけではありません。もちろん、女性に比べればドレスの選び方や髪形などに苦労することはありませんが、それでも一定のマナーというものがありますから手を抜いていいということにはなりません。

ここでは、結婚式での男性の服装について概説します。スーツには派手すぎず地味すぎないものを結婚式に呼ばれた場合、男性であれば大抵の人はスーツを着ていくでしょう。一般的な黒スーツを着ていけば問題はありませんが、濃紺のスーツやダークグレーのスーツでも問題はありません。

また、フロントのダブル・シングルも個人の自由。一般的には、ダブルは年配の人の方が似合いますが、決して制約があるわけではありません。ネクタイの配色にも注意が必要です。ノーネクタイでも問題はないかもしれませんが、式場ですからビシッと決めるに越したことはありません。

柄もできるだけ派手なもの、黒は避けた方が良いでしょう。これは中に着るシャツやベストに関しても同様です。また、二次会などのパーティーでは、スーツでなくともジャケットスタイルであればオーケーです。さすがに普通の私服を着ていくのはNGですから、ハメの外し過ぎに気を付けるようにしましょう。

ビジネスシューズもきちんとした革靴を履いている靴にも気を付けなくてはなりません。一口にビジネスシューズ、革靴と言ってもいろいろあります。具体的には、飾りが何もないプレーントゥ、つま先の切り替え部分に一本選の入っているストレートチップ、そして、羽のような飾りがついたウィングチップなどになります。

前二つのタイプであれば、スーツとも相性が良く、職場に行くのと同じ感じになりますから結婚式に出向いても違和感はありませんが、ウィングチップになると「フォーマル」というよりも「フォーマルチック」な服装になってきますから、可能なら回避した方が無難かもしれません。

ただし、あまり方にはまった格好をして、職場にいるのと同じ感じの服装にしてしまうと、却って堅い印象を与えてしまうかもしれません。極端な話、雰囲気を固くしてしまうかもしれませんから、適度な「崩し」を加えるのも上級者のテクニックとして必要でしょう。