「結婚式でのネクタイの選び方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「結婚式でのネクタイの選び方」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「結婚式でのネクタイの選び方」Wedding Fashion

20代後半に差し掛かってくると、結婚式に呼ばれる機会が増えます。
男性は、スーツにネクタイをビシッと決めて格好よく参加したいものですが、
どんな色がよいかご存じでしょうか。

選ぶ際は、特に色に気を付けなければなりません。
では、どんな色がダメで、どんな色が良いとされているのか、詳しく説明していきます。

一般的に黒はNGとされております。これは、やはり喪服を連想することから好まれない色となっており、
華やかな結婚式には相応しくありません。まずは、黒は絶対に避けるように注意しましょう。

では、好まれる色は何なのでしょうか。一昔前までは白が主流でした。
もちろん今もその風習は続いておりますので、困ったら無難に白を選ぶことをお薦めします。

白とは少し違う、白銀やグレーでも良いとされております。しかし最近では、若い人が白をあまり好まなくなってきました。

10代?30代の方は、白よりも、比較的カラフルなものを身に付けるのが、今の流行りとなっております。
例えば、パステルカラーのものや、ピンク、ライトブルーといった華やかな色合いのものが好まれております。

他にもシャンパンゴールドは少し派手ではありますが、もともとが華やかな舞台なので、問題ありません。
そして柄ですが、基本的には柄はない方がよいでしょう。ただ、ストライプや水玉、小紋柄などであれば、よりおしゃれで爽やかな印象になるでしょう。

ネクタイピンを付ける場合は、ネクタイに合わせたものを使用すると、より良いでしょう。
ちなみに結び方は特に決まりなどはありません。普段通りに、自分がやりやすい方法で結んでいただいてけっこうです。
もし二次会に参加するのであれば、二次会用に別の色を用意するなど工夫をするのもアリです。

写真を撮る機会は多くなりますので、後から実は違う色のものをしていたと分かるだけで、印象が良くなります。
結婚式では、まず黒は避けるようにしてください。若い人は、白よりも、少し冒険して爽やかな色のものを着けるとよいでしょう。

男性は女性に比べて、そこまで服装には気を遣わなくてよいのですが、しっかりと場に合わせたものを利用することが大切です。

Categories Tie