「女性が結婚式にやってはいけない服装とは」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「女性が結婚式にやってはいけない服装とは」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「女性が結婚式にやってはいけない服装とは」Wedding Fashion

結婚式では、主役はもちろんのことですが、来賓するゲストの方々も目いっぱいおしゃれをして参加するので、みんなにとっての晴れ舞台です。

特に女性は何を着ていけばよいのか困った経験はないでしょうか。

そんな女性の方は、これだけはやってはいけない服装を押さえておかなければなりません。

逆にそれさえ分かっていれば、あとはどんな服装をするのかは自由なのです。

最初に服装の種類ですが、これは特に決まりはありません。

着物でもよいですし、もちろんワンピースやドレスも問題ありません。

まれにパンツスタイルで参加する人もいらっしゃいます。

しかし、ほとんど見かけることはなく、ワーキングスーツ以外のものを用意する必要があるため、避けた方が無難です。

次に色です。絶対にやってはいけないのが、「真っ黒」と「白いドレス」です。

黒はどうしてもお葬式を連想してしまうので、華やかな舞台には相応しくありません。

もし黒い服装をするのであれば、派手なアクセサリーや装飾品を一緒に付けるなど工夫が必要です。

白のドレスに関しては、もちろん花嫁が着るものなので、ゲストがきてはいけません。

これはある程度常識となっているのでご存じの方がほとんどだと思います。

細かな部分でやってはいけないことを紹介します。まずは、髪型です。

これは髪をおろしたままのいつも通りのヘアスタイルはNGです。

必ずアップスタイルにし、華やかさを演出しましょう。

小物も気を配る必要があります。

バッグは大きすぎるものは披露宴に相応しくないです。

パーティー用の小さめのものを持って行きましょう。

皮や毛皮素材の小物も、殺生をイメージしてしまうので、避けた方がよいです。

また肩を出したり、素足を出したりするのもよくありません。

肩はボレロを着けたり羽織物が必要です。

足もタイツやストッキングは必ず履くようにしましょう。

女性は、お洒落には普段から気を配っていると思いますが、特に結婚式では気を付けなければならないポイントがたくさんあります。

まずは、やってはいけない事を知っておき、その上で、できる限りのおしゃれをして参加するのが一番よいでしょう。