【結婚式の「ネクタイ」、意外と迷う?!色・柄・種類】

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【結婚式の「ネクタイ」、意外と迷う?!色・柄・種類】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
【結婚式の「ネクタイ」、意外と迷う?!色・柄・種類】Wedding Fashion

結婚式につけていく「ネクタイ」、何を着用すればいいのか分からず結局無難な白っぽいものに…という人も少なくないのではないでしょうか。今回はフォーマルな場でのネクタイの選び方やお勧めネクタイなどを紹介していきたいと思います!

【昔の常識は「白ネクタイ」!今は?】
かつて結婚式に参列する人は白いネクタイをするのが定番でした。その名残からか今でも年配の方は「白いネクタイが当たり前!」という考えを持っている人が多いのが現状です。マナーの観点から見るとシルバーグレーや白黒のストライプでも全く問題なく、若者には明るいカラーネクタイが人気です。参列する結婚式に高齢の方が多い場合は、白やシルバーを基調としたネクタイをセレクトすると間違いはありません。実は「白いネクタイ」というのは海外では一般招待客のフォーマルな装いとして認識されておらず、着用するのは新郎とその父親だけ。特に海外挙式の際は間違っても付けないようにしましょう。

【おススメの柄は?NGな柄は?素材にもこだわって】
定番のネクタイの柄である、ストライプ、ドット、チェックは結婚式に着用しても問題ありません。カジュアルな結婚式の場合はポップで明るい印象の遊び心のある物をつけてもOK。参列する結婚式がどんな式なのか、参列する人の年齢などを考慮し、「非常識」と思われないようにしましょう。注意したいのが、パーティー向けと思われる柄であっても黒をベースとしたネクタイは避けること。またかわいいからと言って動物柄もNG。不安なら購入する際に店員さんに聞いてみるのもいいですね。素材にも是非こだわりましょう。光沢感のあるネクタイは高級感もあり上品でおしゃれに見えるのでおススメです。

【個性を出したいあなたには?!】
オシャレに個性を出したいなら、ネクタイピンやカフスボタンを上手に取りいれましょう。ネクタイに合わせたチーフを身につければより洗練された印象に。エレガントな演出をしたいのならアスコットタイを!歴史あるタイですが、若者にとっては逆に新鮮で個性を出すことができます。いかがでしたか?ネクタイはその人を演出する素敵なアイテム。結婚式では是非マナーを守ったお気に入りのネクタイをセレクトしてくださいね!

Categories Tie