【結婚式にはどんな「スーツ」を着ていくのがベスト??】

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【結婚式にはどんな「スーツ」を着ていくのがベスト??】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
【結婚式にはどんな「スーツ」を着ていくのがベスト??】Wedding Fashion

結婚式に招待されても、男性は女性と違い着ていく服装についてそこまで悩む人は多くないと思います。しかし一言に「黒のスーツ」といっても細かいマナーやルールを知っていると知っていないとでは大違い。間違った装いになり恥をかく前に、正しい「スーツ」の知識を学んでおきましょう!

【男性の「正礼装」「準礼装」「略礼装」】
男性の「正礼装」といえば、モーニングコートや燕尾服、和装の場合は紋付き羽織袴ですが、これは新郎や両家の父親が着る服になります。そのひとつ格下の「準礼装」はディレクターズスーツやタキシードですが、これもよっぽど格式の高い結婚式でないのなら着る必要はありません。一般の招待客として結婚式に参列するのであれば「略礼装」のブラックスーツ、つまり黒無地のスーツを着用します。結婚式だけでなく弔事にも使え、また他の礼装と違い昼夜区別なく着られるためとても便利です。

【「お祝いの場」を意識して、体にキチッと合ったスーツを!】
ブラックスーツを着ていけばマナーとしては間違いはないのですが、ときどきお祝いの場を意識していない”だらしない印象”を与えてしまう男性もいます。結婚式参列に限ったことではありませんが、体に合っていないスーツを着ていることほど格好が悪いものはありません。逆にキチッと体に合ったものを着ていると、ただのシンプルな装いでも全体として洗練された印象を与える事が出来ます。またパッと見て「お葬式?」と思われない装いを心がけることです。白やシルバーを基本とした上質なアクセサリーをつけるとお祝いするのにふさわしい装いになりますよ。

【「平服で」と言われてもラフ過ぎないように注意して!】
最近はレストランウエディングやパーティー形式の披露宴も多く「平服で」と言われることがあります。その場合はブラックスーツを避けてダークスーツを着用しカジュアル感を出しましょう。結婚式に参列したら、周りの男性の恰好をさりげなく観察してみましょう。「スーツ」の着こなし方も実は奥が深いもの。定番だけどオシャレで格好いい、そんな着方があなたの魅力を引き立たせますよ!