もう服装で悩まない?!和装での結婚式参列のすすめ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - もう服装で悩まない?!和装での結婚式参列のすすめ。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
もう服装で悩まない?!和装での結婚式参列のすすめ。Wedding Fashion

結婚式のお呼ばれを頂くと、どんな服装で行けばいいのか悩んでしまうもの。気軽に着ることができるので、つい洋装を選んでしまい、何着かドレスを持ってしまいがちです。実は一見敷居が高そうな和装は、帯周りを変えるだけで雰囲気が変わるため、1着あると着回しがききます。また洋装ほど流行に左右されないため、年代問わず着ることのできる柄を持っておくと、長く着用することができます。では、どんな着物を選べばいいのか。まずは着物の格を知る必要があります。

結婚式に着ていくことのできる着物には、黒紋付・黒留袖・色留袖・振袖・訪問着があります。黒紋付や黒留袖は新郎新婦の親族女性が身に付けるものなので、友人としての出席の場合は、この2点は避けましょう。振袖は未婚女性の着用するものです。成人式で着物を購入した方は、この機会に着てみるのも良いのでは。ただし、袖の長い大振袖は花嫁が着用する可能性があるため、中振袖・訪問着に仕立て直しておく方が安心です。色留袖と訪問着は未既婚問わず着用できます。

色留袖は第一礼装になり、慶事の礼装で着るものになります。せっかく着物を買うのなら、結婚式以外でも着てみたいという方は、訪問着の方が用途が広がります。訪問着は第二礼装になり色留袖より格が落ちますが、結婚式以外にちょっとしたお呼ばれにも着ていくことができます。肩から胸、袖を通り裾までひと続きになった模様が特徴的なので、華やかな印象になります。帯にも格があり、着物の格に合わせて選ぶ必要があります。結婚式の場合は袋帯という最も格の高い帯を基本的に着用します。

袋帯は柄によってフォーマルからカジュアルまで使えるので、持っておくと便利です。金銀の糸が織り込まれたものは礼装・正装。軽めの柄は普段使いにと覚えておきましょう。帯の印象が変わるだけで、全体の見え方が変わります。昔は着物1つに帯3本といって、帯の種類を持っていれば1着の着物で、さまざまな着こなしが楽しめると言われていました。着物を1着持ち帯を揃えていくと、着まわしパターンが決まっていき、お呼ばれの服装に悩む時間が少なくなります。

長く使っていけるものなので、1度チャレンジしてみては。