結婚式にふさわしいネクタイの結び方!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結婚式にふさわしいネクタイの結び方!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
結婚式にふさわしいネクタイの結び方!Wedding Fashion

普段から仕事ではスーツを着ているという方でも、意外とネクタイの結び方はあまり知らないのではないでしょうか。そんな結び方に、まさか結婚式にふさわしい結び方があるなんて、まさか知る由もなかった、という方が大半だと思います。いつも通りの結び方ではもしかしたら、恥をかいてしまうかも。そうならないためにも、ふさわしい結び方を覚えておきましょう。

《おすすめの結び方は3種類》
まず、ブラインドフォールドノットという結び方です。定番のプレーンノットにひと手間加える結び方です。特徴としては、ノット(結び目)を隠すことで、スカーフやスコットタイに見えるという点。フォーマルな席にぴったりの結び方です。結び目をうまくまとめるのが苦手という方でも隠せてしまうのでおすすめですし、ちょっと遊び心のある結び方なので、わかる人にはわかるちょっとしたオシャレポイントともなります。さらに、ウィンザーノットという結び方。結び方は少し複雑ですが、典型的な英国調スタイルの一つで、結び目が大きく見えるのが特徴です。首元をしっかりと落ち着かせるスタイルですね。さらに、ノンノットという結び方。通常なら隠れている小剣(細いほう)をシャツ側に隠すものですが、結び目を外にすることで、結び目が目立ちます。披露宴ではちょっと目立ちすぎかもしれませんが、二次会などではおすすめです。

《定番の「白」「シルバー」》
結婚式と言ったら、ネクタイは白やシルバーが定番です。しかし、最近は野暮ったいという印象からか、柄が入っていたり、パステルカラーのものも好まれています。年々、色の許容範囲は広がっている印象ですが、気にしてほしいのは、わざわざその色を選ぶ理由を考えてほしいという事です。友人や年の近い方たちでの式であれば、あまり意識する必要はないかもしれませんが、年配の方や会社関係の人が集まる席であれば、その場にあった色を選びたいものです。白、もしくはシルバーやダークシルバーといった、定番の色を用意しましょう。そして、絶対に避けたいのが黒。これは、葬式を連想させるため、控えるべきだという場合がほとんどです。少し、堅苦しいような気もしますが、主役である新郎新婦を困らせてしまうわけにもいきませんから、節度を持ったうえでのオシャレをお楽しみいただければと思います。

Categories Tie