男性が結婚式に着ていく服装のこだわりたいポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 男性が結婚式に着ていく服装のこだわりたいポイント!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
男性が結婚式に着ていく服装のこだわりたいポイント!Wedding Fashion

結婚披露宴に呼ばれた男性ゲストは、フォーマルな黒のスーツという印象ですよね。しかし、最近では黒以外でも大丈夫という式も少なくありません。しかし、だからといって新郎より目立った格好というのも周囲のひんしゅくを買ってしまいますし、新郎新婦の会社の上司や親戚など、幅広い年齢の方々が集まる場所ですから、きちんとした服装を心がけましょう。

《まずは、スーツを決めましょう》
幅広い年齢層の方々が集まる式場では、定番のブラックスーツがおすすめですが、最近ではカジュアルでオシャレなダークスーツもおすすめです。濃紺やダークグレーであれば、それほど会場で浮くこともありませんし、周りとちょっと差がつけられます。また、ベストの色との組み合わせも大切です。ブラックスーツにブラックのベストではどうしても暗い印象を与えてしまうので、ブラックスーツの場合は白いベスト、明るめのスーツにはブラックのベストを組み合わせるなどして、全体的な印象を考えながら選ぶとよいでしょう。もちろん、小物やネクタイの色も意識すれば、良い印象を持っていただけると思います。

《シャツとネクタイは色物でも大丈夫》
シャツは無地で白、ネクタイもちょっと模様の入った白か、シルバーというのが、幅広い年齢層の方から好印象を持たれる定番ではありますが、ここ最近は、特に若者を中心に、色が入ったものが好まれるようになっています。淡いピンクやブルーのシャツ、ネクタイが特に人気で、組み合わせ方では落ち着いた印象を持たせることができるので、披露宴の格式などを確認したうえで、少し色物に挑戦してもよいかもしれません。ただし、その中でもいくつかタブーはあります。まず、アニマル柄はNGということ。これは男性に限らず、女性でもそうですが、祝いの席で殺生を連想するものはマナーがなっていないとされます。また、黒いネクタイもNGです。葬式をイメージしますので、せめてストライプが入ったものなどにしましょう。近年の結婚式では、衣装に関するマナーは、徐々に緩くなってきて、多少のアレンジはありとされてはいますが、その中でもやはり限度というものがありますから、迷ったときは、一緒に参加する友人や家族に相談するとよいでしょう。