ネクタイでオシャレをする

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ネクタイでオシャレをする
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ネクタイでオシャレをするWedding Fashion

男性がスーツでオシャレをする場合、もちろんスーツの色や柄などでも遊び心を取り入れることができますが、それ以外にもネクタイで個性を出すことができます。基本的には好きな色でもいいのですが、結婚式が昼なのか夜なのかによっても選ぶものは違ってくるでしょう。また柄物を付けたいと思うなら、ストライプやチェック、ドットなど定番のものが無難といえます。

基本的に新郎のワイシャツは白なので、どんな色でも差し色として合うでしょう。特に最近の結婚式でよく見られるのが、新郎が蝶タイを選んでオシャレを楽しんでいるということです。例えば黒いタキシードでシンプルに決めたら、白い蝶タイで主役感を出すことができます。

そしてもうちょっと派手目にしたいというなら、タキシードの下にカラーのベストを来て、同じ色の蝶タイをつけるとさらにオシャレ感がUPします。もしも花嫁がお色直しでカラードレスを着るのであれば、男性は同じ色の蝶タイで登場すると、ラブラブな雰囲気を醸し出せるかもしれません。そして最近密かに流行っているのが、花嫁のドレスと同じ生地で作る手作りタイです。

アスコットタイと言って一見風変わりな幅広のネクタイなのですが、意外にも手作りしやすいデザインのため、花嫁が新郎のために作ってあげ、本番に二人で登場すれば注目を浴びること間違い無しです。

このアスコットタイは材料費はそんなに掛かるものではありませんし、型紙もネットでダウンロードできますので、愛情を込めて一針一針縫うことで、二人の特別な日に対する思いも強くなっていくでしょう。女性のウェディングドレスが白やパールなど落ち着いた色でもあるので、男性はタイの色で少し目立ってもいいかもしれません。

色だけではなく、結び方もたくさんあり、どの結び方が着ているタキシードと合うか、また首の長さや体型によっても合う合わないがあるので、本番に向けてネクタイの結び方の練習をしてもいいでしょう。

Categories Tie