目立ちすぎず目立つ服装とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 目立ちすぎず目立つ服装とは
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
目立ちすぎず目立つ服装とはWedding Fashion

花嫁よりは目立たないようにしながら、それでも他のゲストよりは目立ちたいと思っている女性は多くいいるはずです。それもそのはず、結婚式は普段ではなかなか着ることのない素敵なドレスを着るチャンスですし、独身女性にとっては出会いの場にもなるのです。きれいな色であっても白っぽく見える色は、花嫁カラーとされているので避けましょう。

ドレスが白やベージュでもアクセントに他の色が入っているものは大丈夫な場合があります。例えば腰回りに黒のリボンがあったり、ボレロや羽織りものを他の色にすれば問題ありません。そして色だけではなく気を付けなければいけないのが露出。最近はスタイルのいい女性も増えてきて、足もきれいなので見せることにあまり恥ずかしさを覚えないかもしれません。

しかしワンピースの中にはふとももの半分くらいまでの短い丈のものなどもあり、結婚式の雰囲気を壊すだけではなく、注目を花嫁より浴びる可能性があります。どんな服装がいいか、店員さんに相談するかもしれませんが、店員さんの中には服を買ってもらうことが一番で、TPOにふさわしいかどうかあまり気にせずに薦めてこられる場合もあります。

ですから、あまり周りの意見に振り回されず足だけではなく、胸元や肩の露出も避けていきましょう。そして冬の結婚式の場合もしかしたら、ファー素材のワンピースを選びたくなるかもしれませんが、それもよくありません。毛皮や革の素材はめでたい席にはよくないといわれ、その理由は「殺生」をイメージさせるからです。

食事が出される場でもありますので、ファーの毛が飛んだりほこりが出たりなどして衛生的な観点からも、おすすめできません。そして見落としがちの点ですが、花嫁のお色直しとかぶるドレスも避ける対象になります。できれば式の前にお色直しでどの色のカラードレスを着るか聞いておけば、事前に着るワンピースの色を決めることができます。これは絶対的なルールではありませんが、頭に入れておくといいでしょう。