「結婚式の服装の基本を押さえよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「結婚式の服装の基本を押さえよう」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「結婚式の服装の基本を押さえよう」Wedding Fashion

結婚式では、ゲストとして参加する際に、服装に気を配る必要があります。
ここでは、基本的なこととはなりますが、男性・女性・親族と、それぞれどういったものが
良いのか紹介していきたいと思います。

まずは男性からです。できる限りスーツを着用するようにしましょう。色はダークなものが
よいとされております。基本的にはダークブラックです。
昔から、ダブルのブラックスーツが一般的とされております。

ただ、最近の若い人はブラックを格好良いとは思わない人が多くなり、
派手なスーツで参加する方もいらっしゃいます。その場合は、必ず新郎より目立たないようにし、
上品で清楚なものを選ぶようにしましょう。

ネクタイの色は、黒を避け、極力明るい色にしてください。シャツは白で無地のものがよいです。
どれもしっかりとアイロンをかけるなど、ビシッとしたものを来てください。
ヨレヨレのものを着たらそれだけでイメージダウンです。

次に女性です。女性で意識したいのは、華やかだが花嫁より目立たない程度のものとなります。
絶対にNGなのは、白のドレスと真っ黒な服です。それさえ気を付けておけば、ほとんど問題ありません。
肩や素足を出したり、髪をさげたままにするのはよくないので、注意してください。
靴も、足の指が見えるようなものは好ましくありません。5cm以上のバンプスが無難です。

最後に親族の方の服装です。意識しなければならないのは、普段友人の結婚式や披露宴に参加する時よりも、
フォーマル度の高いものを着用することです。親族はゲストの中では重要な位置づけとなりますので、失礼のないようにしましょう。

例えば、父親であれば、正礼装のモーニングや、準礼装のタキシードが一般的です。
母親は、正礼装として、黒留袖が定番となっております。他にも、昼まであればイブニングドレス、
夕方から夜であれば、アフタヌーンドレスを着る方もいらっしゃいます。

今回紹介したのは、多くの人が把握しているであろう基本的なことばかりです。
まずはそこを押さえておいて、その上で自分なりにどういった服装がよいのか、好みに合わせて用意するのが理想的です。