【結婚式の「ネクタイ」、意外と迷う?!色・柄・種類】

結婚式につけていく「ネクタイ」、何を着用すればいいのか分からず結局無難な白っぽいものに…という人も少なくないのではないでしょうか。今回はフォーマルな場でのネクタイの選び方やお勧めネクタイなどを紹介していきたいと思います!

【昔の常識は「白ネクタイ」!今は?】
かつて結婚式に参列する人は白いネクタイをするのが定番でした。その名残からか今でも年配の方は「白いネクタイが当たり前!」という考えを持っている人が多いのが現状です。マナーの観点から見るとシルバーグレーや白黒のストライプでも全く問題なく、若者には明るいカラーネクタイが人気です。参列する結婚式に高齢の方が多い場合は、白やシルバーを基調としたネクタイをセレクトすると間違いはありません。実は「白いネクタイ」というのは海外では一般招待客のフォーマルな装いとして認識されておらず、着用するのは新郎とその父親だけ。特に海外挙式の際は間違っても付けないようにしましょう。

【おススメの柄は?NGな柄は?素材にもこだわって】
定番のネクタイの柄である、ストライプ、ドット、チェックは結婚式に着用しても問題ありません。カジュアルな結婚式の場合はポップで明るい印象の遊び心のある物をつけてもOK。参列する結婚式がどんな式なのか、参列する人の年齢などを考慮し、「非常識」と思われないようにしましょう。注意したいのが、パーティー向けと思われる柄であっても黒をベースとしたネクタイは避けること。またかわいいからと言って動物柄もNG。不安なら購入する際に店員さんに聞いてみるのもいいですね。素材にも是非こだわりましょう。光沢感のあるネクタイは高級感もあり上品でおしゃれに見えるのでおススメです。

【個性を出したいあなたには?!】
オシャレに個性を出したいなら、ネクタイピンやカフスボタンを上手に取りいれましょう。ネクタイに合わせたチーフを身につければより洗練された印象に。エレガントな演出をしたいのならアスコットタイを!歴史あるタイですが、若者にとっては逆に新鮮で個性を出すことができます。いかがでしたか?ネクタイはその人を演出する素敵なアイテム。結婚式では是非マナーを守ったお気に入りのネクタイをセレクトしてくださいね!

Categories Tie

【結婚式にはどんな「スーツ」を着ていくのがベスト??】

結婚式に招待されても、男性は女性と違い着ていく服装についてそこまで悩む人は多くないと思います。しかし一言に「黒のスーツ」といっても細かいマナーやルールを知っていると知っていないとでは大違い。間違った装いになり恥をかく前に、正しい「スーツ」の知識を学んでおきましょう!

【男性の「正礼装」「準礼装」「略礼装」】
男性の「正礼装」といえば、モーニングコートや燕尾服、和装の場合は紋付き羽織袴ですが、これは新郎や両家の父親が着る服になります。そのひとつ格下の「準礼装」はディレクターズスーツやタキシードですが、これもよっぽど格式の高い結婚式でないのなら着る必要はありません。一般の招待客として結婚式に参列するのであれば「略礼装」のブラックスーツ、つまり黒無地のスーツを着用します。結婚式だけでなく弔事にも使え、また他の礼装と違い昼夜区別なく着られるためとても便利です。

【「お祝いの場」を意識して、体にキチッと合ったスーツを!】
ブラックスーツを着ていけばマナーとしては間違いはないのですが、ときどきお祝いの場を意識していない”だらしない印象”を与えてしまう男性もいます。結婚式参列に限ったことではありませんが、体に合っていないスーツを着ていることほど格好が悪いものはありません。逆にキチッと体に合ったものを着ていると、ただのシンプルな装いでも全体として洗練された印象を与える事が出来ます。またパッと見て「お葬式?」と思われない装いを心がけることです。白やシルバーを基本とした上質なアクセサリーをつけるとお祝いするのにふさわしい装いになりますよ。

【「平服で」と言われてもラフ過ぎないように注意して!】
最近はレストランウエディングやパーティー形式の披露宴も多く「平服で」と言われることがあります。その場合はブラックスーツを避けてダークスーツを着用しカジュアル感を出しましょう。結婚式に参列したら、周りの男性の恰好をさりげなく観察してみましょう。「スーツ」の着こなし方も実は奥が深いもの。定番だけどオシャレで格好いい、そんな着方があなたの魅力を引き立たせますよ!

【OK?NG?「結婚式のワンピース」の新常識とは!?】

ホテル婚、パーティー形式、邸宅貸し切り結婚式など…「結婚式」といっても最近は種類も増えさまざまな形で行われるようになりました。参列側としてその際悩むのが服装ですよね。今回は結婚式に着ていく「ワンピース」にスポットを当て、マナーやおススメのものなどを紹介していきたいと思います!

【「ワンピース」のマナーをチェック!!】
ワンピースを選ぶ前に、結婚式に着ていく服装の基本的な知識を知ることは大切です。ここでは基本マナーを紹介しましょう。まず「白」を避けること。これは新婦のドレスと色が被ってしまうため、マナー違反とされています。白に近いベージュやクリーム色、シルバーはNGではありませんが、写真の写り方によっては白く見えることもあります。「黒」は明るめの小物と合わせることで、喪服のようにならないようにしましょう。それから「露出」は適度なものを。肩を出す、短すぎるスカートは避けましょう。ただし夜の披露宴ではイブニングドレスが正装ですので着ても問題ありません。

【参列するのはどんなウェディング??】
ワンピースを選ぶうえで大切なのは、参列する結婚式のタイプを考慮することです。例えばホテルウェディングは格式が高めの恰好を。レストランウェディングは少々カジュアルでもOK。神社や寺院、教会での式は露出が控えめなものを選ぶようにしましょう。ガーデンウェディングなどが人気の邸宅結婚式では、明るめの色をセレクトするとベターです。

【ちょっと個性を出したい、そんなとき】
パーティードレスを扱うお店に行くと、さまざまなカラーやデザインのものがそろっています。「わかれる」をイメージし、かつてはあまり着る人が少なかった「バイカラーワンピース」は今はオシャレなドレスとして許容されるようになりました。また「パンツスタイル」も注目度が年々上がっています。初心者でも他人とちょっと差がつけられるのは「アシンメトリー」なデザインのもの。左右非対称になるとグッと洗練されたイメージを作ることができますよ!結婚式のワンピースを選ぶことは女性にとってもオシャレの楽しみのひとつ。マナーを守りつつ自分の魅力を出せるようなものを選べるといいですね!

もう服装で悩まない?!和装での結婚式参列のすすめ。

結婚式のお呼ばれを頂くと、どんな服装で行けばいいのか悩んでしまうもの。気軽に着ることができるので、つい洋装を選んでしまい、何着かドレスを持ってしまいがちです。実は一見敷居が高そうな和装は、帯周りを変えるだけで雰囲気が変わるため、1着あると着回しがききます。また洋装ほど流行に左右されないため、年代問わず着ることのできる柄を持っておくと、長く着用することができます。では、どんな着物を選べばいいのか。まずは着物の格を知る必要があります。

結婚式に着ていくことのできる着物には、黒紋付・黒留袖・色留袖・振袖・訪問着があります。黒紋付や黒留袖は新郎新婦の親族女性が身に付けるものなので、友人としての出席の場合は、この2点は避けましょう。振袖は未婚女性の着用するものです。成人式で着物を購入した方は、この機会に着てみるのも良いのでは。ただし、袖の長い大振袖は花嫁が着用する可能性があるため、中振袖・訪問着に仕立て直しておく方が安心です。色留袖と訪問着は未既婚問わず着用できます。

色留袖は第一礼装になり、慶事の礼装で着るものになります。せっかく着物を買うのなら、結婚式以外でも着てみたいという方は、訪問着の方が用途が広がります。訪問着は第二礼装になり色留袖より格が落ちますが、結婚式以外にちょっとしたお呼ばれにも着ていくことができます。肩から胸、袖を通り裾までひと続きになった模様が特徴的なので、華やかな印象になります。帯にも格があり、着物の格に合わせて選ぶ必要があります。結婚式の場合は袋帯という最も格の高い帯を基本的に着用します。

袋帯は柄によってフォーマルからカジュアルまで使えるので、持っておくと便利です。金銀の糸が織り込まれたものは礼装・正装。軽めの柄は普段使いにと覚えておきましょう。帯の印象が変わるだけで、全体の見え方が変わります。昔は着物1つに帯3本といって、帯の種類を持っていれば1着の着物で、さまざまな着こなしが楽しめると言われていました。着物を1着持ち帯を揃えていくと、着まわしパターンが決まっていき、お呼ばれの服装に悩む時間が少なくなります。

長く使っていけるものなので、1度チャレンジしてみては。

結婚式にふさわしいネクタイの結び方!

普段から仕事ではスーツを着ているという方でも、意外とネクタイの結び方はあまり知らないのではないでしょうか。そんな結び方に、まさか結婚式にふさわしい結び方があるなんて、まさか知る由もなかった、という方が大半だと思います。いつも通りの結び方ではもしかしたら、恥をかいてしまうかも。そうならないためにも、ふさわしい結び方を覚えておきましょう。

《おすすめの結び方は3種類》
まず、ブラインドフォールドノットという結び方です。定番のプレーンノットにひと手間加える結び方です。特徴としては、ノット(結び目)を隠すことで、スカーフやスコットタイに見えるという点。フォーマルな席にぴったりの結び方です。結び目をうまくまとめるのが苦手という方でも隠せてしまうのでおすすめですし、ちょっと遊び心のある結び方なので、わかる人にはわかるちょっとしたオシャレポイントともなります。さらに、ウィンザーノットという結び方。結び方は少し複雑ですが、典型的な英国調スタイルの一つで、結び目が大きく見えるのが特徴です。首元をしっかりと落ち着かせるスタイルですね。さらに、ノンノットという結び方。通常なら隠れている小剣(細いほう)をシャツ側に隠すものですが、結び目を外にすることで、結び目が目立ちます。披露宴ではちょっと目立ちすぎかもしれませんが、二次会などではおすすめです。

《定番の「白」「シルバー」》
結婚式と言ったら、ネクタイは白やシルバーが定番です。しかし、最近は野暮ったいという印象からか、柄が入っていたり、パステルカラーのものも好まれています。年々、色の許容範囲は広がっている印象ですが、気にしてほしいのは、わざわざその色を選ぶ理由を考えてほしいという事です。友人や年の近い方たちでの式であれば、あまり意識する必要はないかもしれませんが、年配の方や会社関係の人が集まる席であれば、その場にあった色を選びたいものです。白、もしくはシルバーやダークシルバーといった、定番の色を用意しましょう。そして、絶対に避けたいのが黒。これは、葬式を連想させるため、控えるべきだという場合がほとんどです。少し、堅苦しいような気もしますが、主役である新郎新婦を困らせてしまうわけにもいきませんから、節度を持ったうえでのオシャレをお楽しみいただければと思います。

Categories Tie

結婚式にびしっとスーツを決めていきたい!

新郎新婦の晴れ舞台の結婚式。お呼ばれしたからには、それなりの格好をしていかないと失礼にあたります。でも、結婚式なんてそんなに頻繁に出席するものでもないから、当日の衣装はこれでいいのか、不安だという方も多いと思います。そこで、あらためてどういった衣装が好まれるのか、確認してみましょう。

《サイズ感が大切》
男性の衣装に求められることは、そのセンスよりも、全体的に配慮されているものか、という点に尽きるかと思います。その中でも、意外と見られているのが、サイズ感。丈が短い、または長すぎるというのは、見ていて残念な気分になるものです。逆に、しっかりと自分の体に合ったサイズであれば、自分の事をしっかりとわかっているのだと、感心してもらえることでしょう。同時に、生地がしっかりとしているということも大切です。これは、決して生地の値段だけの話ではありません。もちろん、高級な生地をびしっと決めていることも好感の持てるポイントかもしれませんが、要はスーツ自体にしわなどがないかという事。朝着ていくときは、しわ1つなくても、会場で座ったり立ったりを繰り返すうちに、意外としわができる事がありますから、常に周りの目を意識しておくとよいでしょう。

《新しさより、定番のものを》
新しいものを取り入れたオシャレほど、難しいものはありません。従来のマナーと比べて、格段に許容範囲は広がっているものの、あなたが思うオシャレが、会場に来る方々にとってはそうではない場合も多くあります。特に、幅広い世代の方が参加する式では、オシャレではなく、変わったスーツととらえられる場合もあります。最悪の場合、式後にあの衣装はないよ、と親戚中の笑いものになるという事も考えられます。そんな場で、変に奇をてらったオシャレをするくらいなら、定番のものを選びましょう。定番=ちょっとダサいということはありません。むしろ、人気だからこその定番です。どうしてもほかの人と差をつけたいという場合は、ネクタイや小物をちょっとアレンジしてみましょう。チーフやネクタイピン、シャツのボタンなど、細かいところを意識すると、しっかりと定番を抑えた中でもオシャレさは伝わるものです。清潔感を第一に、あとはちょっとの遊び心を加えて、自信をもって式に参加しましょう。

結婚式に着たい人気のワンピース

結婚式に呼ばれて、さて、服装はどうしようと悩まれる方も少なくないはず。年齢にもよりますが、幅広く人気なのが、ワンピースタイプのドレス。多くの男性が黒を基調としたスーツで来るため、明るい色のドレスを選べば、会場が華やかになります。ひそかに、会場で出会いを求めているという女性にとっても、衣装には気を使いたいもの。式の主役は新郎新婦ですので、注意したいマナーはありますが、精いっぱいのオシャレに身を包みたいものですよね。

《ドレスは、白以外を選びましょう》
純白の花嫁の名のとおり、白いドレスは花嫁のもの。当日の主役である花嫁と色がかぶってしまうのは避けるべきですので、白以外のドレスを選びましょう。中でも人気なのが、紺色のドレスです。紺色といっても、男性のスーツのような暗い紺ではなく、少し明るめなものが好まれています。羽織ものやアクセサリー、バッグなどと合わせやすく、全体的に落ち着いた印象を与えてくれるのがうれしいところ。次いで、女性らしいピンクのドレスもかわいらしい色合いが人気です。若いうちであれば、発色の良いピンクを選び、年を重ねている場合でも、落ち着いた桜色のようなピンクであれば上品にまとめられます。ただし、あまり淡すぎると、光の加減で白っぽく見えてしまうため、要注意です。

《小物を取り入れ、ワンランク上のコーディネートを》
素敵なドレスを着ても、それだけではちょっと物足りないものです。もともと、結婚式向けのドレスは、単色のものがほとんどですので、羽織ものやバッグ、アクセサリーで色にポイントを付けて、オシャレさを演出しましょう。人気の紺色だと、羽織ものは白でも黒でもまとまりが良く、パールのアクセサリーとも相性はばっちりです。ピンクのドレスであれば、落ち着いた印象を与えられる黒い羽織ものやバッグがおすすめです。ただし、あまり明るいピンクである場合、黒と組み合わせると、その明るさが際立ってしまうため、白をポイントにあしらいましょう。そうはいっても、コーディネートはなかなか難しいものです。まずは、あなた自身に似合っているか、お店の方に相談してみるというのも1つの手ですので、焦らずにお決めになっていただくのが一番でしょう。式当日は、意外と歩き回ったり、慣れない席で疲れもたまるものですから、長時間着ていても疲れないドレスを選ぶのも大切です。せっかくのお祝いの席ですから、失敗のない衣装選びを心がけてください。

男性が結婚式に着ていく服装のこだわりたいポイント!

結婚披露宴に呼ばれた男性ゲストは、フォーマルな黒のスーツという印象ですよね。しかし、最近では黒以外でも大丈夫という式も少なくありません。しかし、だからといって新郎より目立った格好というのも周囲のひんしゅくを買ってしまいますし、新郎新婦の会社の上司や親戚など、幅広い年齢の方々が集まる場所ですから、きちんとした服装を心がけましょう。

《まずは、スーツを決めましょう》
幅広い年齢層の方々が集まる式場では、定番のブラックスーツがおすすめですが、最近ではカジュアルでオシャレなダークスーツもおすすめです。濃紺やダークグレーであれば、それほど会場で浮くこともありませんし、周りとちょっと差がつけられます。また、ベストの色との組み合わせも大切です。ブラックスーツにブラックのベストではどうしても暗い印象を与えてしまうので、ブラックスーツの場合は白いベスト、明るめのスーツにはブラックのベストを組み合わせるなどして、全体的な印象を考えながら選ぶとよいでしょう。もちろん、小物やネクタイの色も意識すれば、良い印象を持っていただけると思います。

《シャツとネクタイは色物でも大丈夫》
シャツは無地で白、ネクタイもちょっと模様の入った白か、シルバーというのが、幅広い年齢層の方から好印象を持たれる定番ではありますが、ここ最近は、特に若者を中心に、色が入ったものが好まれるようになっています。淡いピンクやブルーのシャツ、ネクタイが特に人気で、組み合わせ方では落ち着いた印象を持たせることができるので、披露宴の格式などを確認したうえで、少し色物に挑戦してもよいかもしれません。ただし、その中でもいくつかタブーはあります。まず、アニマル柄はNGということ。これは男性に限らず、女性でもそうですが、祝いの席で殺生を連想するものはマナーがなっていないとされます。また、黒いネクタイもNGです。葬式をイメージしますので、せめてストライプが入ったものなどにしましょう。近年の結婚式では、衣装に関するマナーは、徐々に緩くなってきて、多少のアレンジはありとされてはいますが、その中でもやはり限度というものがありますから、迷ったときは、一緒に参加する友人や家族に相談するとよいでしょう。

ネクタイでオシャレをする

男性がスーツでオシャレをする場合、もちろんスーツの色や柄などでも遊び心を取り入れることができますが、それ以外にもネクタイで個性を出すことができます。基本的には好きな色でもいいのですが、結婚式が昼なのか夜なのかによっても選ぶものは違ってくるでしょう。また柄物を付けたいと思うなら、ストライプやチェック、ドットなど定番のものが無難といえます。

基本的に新郎のワイシャツは白なので、どんな色でも差し色として合うでしょう。特に最近の結婚式でよく見られるのが、新郎が蝶タイを選んでオシャレを楽しんでいるということです。例えば黒いタキシードでシンプルに決めたら、白い蝶タイで主役感を出すことができます。

そしてもうちょっと派手目にしたいというなら、タキシードの下にカラーのベストを来て、同じ色の蝶タイをつけるとさらにオシャレ感がUPします。もしも花嫁がお色直しでカラードレスを着るのであれば、男性は同じ色の蝶タイで登場すると、ラブラブな雰囲気を醸し出せるかもしれません。そして最近密かに流行っているのが、花嫁のドレスと同じ生地で作る手作りタイです。

アスコットタイと言って一見風変わりな幅広のネクタイなのですが、意外にも手作りしやすいデザインのため、花嫁が新郎のために作ってあげ、本番に二人で登場すれば注目を浴びること間違い無しです。

このアスコットタイは材料費はそんなに掛かるものではありませんし、型紙もネットでダウンロードできますので、愛情を込めて一針一針縫うことで、二人の特別な日に対する思いも強くなっていくでしょう。女性のウェディングドレスが白やパールなど落ち着いた色でもあるので、男性はタイの色で少し目立ってもいいかもしれません。

色だけではなく、結び方もたくさんあり、どの結び方が着ているタキシードと合うか、また首の長さや体型によっても合う合わないがあるので、本番に向けてネクタイの結び方の練習をしてもいいでしょう。

Categories Tie

男性はシンプルが一番

結婚式は女性がメインと思われることがほとんどですが、男性だってオシャレもしたいですし、それなりに目立ちたいですよね。新郎新婦にとっても大事な行事ですし、家族にとっても記念に残る日なので、納得できる服装を選びたいものです。新郎が着るスーツの中にはタキシード、モーニング、フロックコート、セレモニースーツなどが有ります。

普段ではほとんど着ることがないので、自分の気に入った物を選ぶことが大事なのですが、単に気に入ったというだけではなく、自分の体型にあったものを選ぶ必要があります。特に結婚式において一番の人気のタキシードはきるひとを選ばない定番の衣装だといえます。体型にかかわらず着こなししやすいということと、様々なバリエーションがあるためファーマルからカジュアルまで対応できます。しかし、タキシードは着慣れないということもあり、どのように選べばいいのかわからない方が多いのではないでしょうか。

しかし、タキシードを選ぶ基準は2つしかありません。一つはシンプル・イズ・ベスト。シンプルであるほうがオシャレ感が出るのです。アクセント色がはいったタキシードなどもありますが、海外ではすでに廃れていて逆にダサくなってしまいます。そして大事なのは品質。品質の良さは見た目でわかり、上品な光沢感が有ります。

そのようなタキシードは大変エレガントで女性を引き立たせることができるのです。費用の点を考慮するとレンタルのほうがお得だと考えがちですがレンタルでも平均的に15万強かかるようです。しかしよく探してみると、オーダーメイドでレンタルよりも安い値段で自分専用のサイズで作ってもらうことができるのです。

どんなスーツを選ぶにしても、まずは色々調べてレンタルがいいのかオーダーメイドがいいのか決めましょう。また購入前には絶対に試着することで、結婚式本番でサイズ違いや体にしっくりこないなどといったトラブルを避けることができるでしょう。